愛知県公安委員会
株式会社三浦太鼓店
第543851302300号

LINK集

あらぐさ座

 祭り好き・芸能好きが昂じ、信州は伊那に拠点を置く「歌舞劇団田楽座」を師と仰ぎ、はたまた全国の祭囃子を継承している地元の方々を、大師と勝手に仰ぎ、笛や太鼓・神楽や大道芸、更には唄や踊りを楽しみ愉しんで頂いています。

          あらぐさ座の芸能はお囃子です。

公式サイトへLinkIcon

伊賀リバーサイド

ソーシャルメディア活用で、地域コミュニティ創りと経済振興をお手伝い!
 「伊賀リバーサイドウォーク&コミュニティ」

公式サイトへLinkIcon

いずみ太鼓 鼓聖泉

2000年(平成12年)5月、和泉市で行われた「いずみの国・弥生まつり2000」での演奏を機に結成。
和泉市民を中心に、小学1年生から60歳代までの総勢74名からなり、青少年の健全育成・生涯学習を理念に掲げ、
和太鼓で和泉市を活性化、そしてオランダ・韓国公演をきっかけに、世界中に和泉市をPRできるような太鼓集団になれるように、
日々練習に励んでいます。
たくさんの出逢いを求め、老人施設への慰問、地域イベントへの参加、今では年間50回以上の公演を行っています。

公式サイトへLinkIcon

伊勢乃國 鏡太鼓

 神々がたどった伊勢神宮ゆかりの地 三重県度会町(わたらいちょう)。
この町にははるか昔、天照大神、御鎮座(ごちんざ)の地を求め、旅を重ねた倭姫命(やまとひめみこ)が
定めたといわれる久具都比売(くぐつひめ)神社がある。 
 日本一の清流宮川と自然の宝庫、一之瀬川(いちのせがわ)がおりなす四季絵巻は
いつの世もここで暮らす 人々の心をなごませてくれる。
そして、度会町には、300年もの歴史をもつ棚橋地区のお頭神事(おかしらしんじ)や
天狗(てんぐ)と獅子(しし)による厳(おごそ)かな舞の一之瀬獅子神楽、
麻加江(まかえ)地区、慶林寺(けいりんじ)で行われる、かんこ踊りや無病息災を願う下久具(しもくぐ)の獅子舞奉納など・・・
時にいぶされ、こんにちもなお連綿(れんめん)と受け継がれている。
 この美しい自然と歴史、そして風土に培われた文化を引き継ぎ、それを・・・。
太鼓の響きにかえて後世に伝える為に伊勢乃國 鏡太鼓として、ここに結集した。

公式サイトへLinkIcon

一打一管オフィシャルサイト

プロの和太鼓チームのメンバーとして、欧州各地百数十カ所で公演をはじめ、 
海外での国際交流にも多数参加。
1998年より「一打一管」を基本とした演奏活動を始める。
「一打一管」とはその名の通り、一人の太鼓奏者(打)と一人の笛奏者(管) という意味で、
和太鼓と横笛を中心とした活動を展開している。 一打一管は太鼓と笛というシンプルな形態で
自然の中に 感じられる 様々な光景、物語りを表現するのを基本コンセプトとして活動している。

主な活動として 大阪市・ミラノ市友好20周年記念公演(イタリア・ミラノ)
KOREA SUPER EXPO 2001にて日本側アーティストとして コラボレーションに参加。
NHK「土門拳の世界を奏でる七人のアーティスト」 に宗次郎・羽田健太郎・千住真理子氏らと共に出演。
2003年2月MBS放送「真珠の小箱」に出演。
その活動が認められ 第1996回近畿宝くじの表紙を飾る。
奈良県主催の「宇陀魅惑体験博」フィナーレにて演奏と演出を担当。
精力的にCDの作品発表を行い独自の音楽表現として国内でも 音楽性が高いユニットとして評価を得ている。
三枚目のアルバムがNHK FMの番組に毎月オープニングに放送される。
2005年6月15~17日 国立劇場にてその高い音楽性が認められ 伝統音楽鑑賞教室にて演奏する。

公式サイトへLinkIcon

海燕

愛知県蒲郡市を拠点に活動する和太鼓チーム。昨年創設15周年を迎え楽しさの中にもしっかりとした
技術ですばらしい演奏を聞かせてくれます。

公式サイトへLinkIcon

上地八幡太鼓 應呼

2000年1月。上地八幡宮の奉納太鼓を叩くチームとして創立。
お祭りだけでなく、小学校の特殊学級との交流や結婚式、
地域のイベント等幅広く展開中。
“粋と鯔背(いなせ)と心意気”をモットーに幅広い年齢層のチーム。

公式サイトへLinkIcon

裏庭の狸

祭り好きな人の個人サイト、祭りについて思い巡らすページです。

公式サイトへLinkIcon

SBPHGP

SBPHGPとは●
エスピージーは分野を問わずにさまざまな分野の方と交流し、ネットワークを結ぶことを目的としている団体です。
活動を通して体験・経験した情報をホームページで紹介します。

公式サイトへLinkIcon

大崎文化保存会 しおかぜ太鼓

しおかぜ太鼓は愛知県豊橋市で活動する和太鼓グループです。
昨年は結成20周年を迎えました!!!!

メンバーは小学生から大人までいて、みんな仲良く活動しています。
どうぞよろしくお願いします。

公式サイトへLinkIcon

大須太鼓保存会須鼓路

2001年4月結成。 名古屋市大須を拠点に活動する若手グループ。
現在は8名で活動中。 地元大須のお祭りや名古屋市のイベントを中心に
活動中。 年々活動の場を広げている。

公式サイトへLinkIcon

大府太鼓一会 ~いちえ~

 2007年4月に結成したアマチュアの創作和太鼓演奏集団です。
 「一生に一度限りの出会い 人と人との出会いの大切さのたとえ」という意味より、
私たちは和太鼓を通じてすべての出会いを大切にしようという気持ちを込めて
この「一会」という名前を名付けました。

 プロの和太鼓演奏者を講師として向かえ、大府市を中心に月に計10回ほど稽古に励んでいます。
また知多半島を中心に演奏活動も行っております。

公式サイトへLinkIcon

おかざき匠の会

岡崎の歴史と共に歩んできた岡崎の匠を紹介。

公式サイトへLinkIcon

おと工房

”心に潤いを”をモットーに演奏活動の他、作曲・編曲等幅広い活動を手がけるプロ集団

公式サイトへLinkIcon

飾山衆 (おやましゅう)

名古屋市を中心に活動する和太鼓チーム。幅広い年代のメンバーが集まる楽しいチームです。

公式サイトへLinkIcon

GONNA(ガナ)

2003年に名古屋で結成されたプロチーム。和太鼓とマリンバのアンサンブルという独特な世界をつくり活躍。

公式サイトへLinkIcon

北見盆地風雪太鼓保存会

北海道・北見市政開基100年を期して誕生した北見盆地風雪太鼓。
日本固有の伝統芸能・和太鼓を以って北見市の郷土芸能としての旗印を掲げ
今日まで市内はもとより全道各地より要請を頂き、毎年50回を超える演奏活動を展開してまいりました。
 現在の風雪太鼓は、国際太鼓道連盟、北海道太鼓連盟、オホーツク太鼓連盟に所属し
会員も50名を超えて、さらなる打法技術の向上と地域における青少年健全育成ならびに地域の活性化に励み
太鼓文化の促進に大いに貢献すべく活動の真っ最中であります。

bunner2.gif

草津温泉 菊水荘

kikusui_88_31.gif草津温泉・温泉旅館菊水荘。
当館は昭和35年に創業して以来家庭的な雰囲気のサービスをお客様に提供しております。
当館のお風呂は、良質な湯畑の源泉を使用しておりお客様の旅の疲れを日々癒しております。
また、温泉街にも近く駅にも近い敷地は、たいへん好評です。
草津温泉をぶらり気楽にお楽しみ頂ける環境となっております。ぜひ一度ご来館くださいませ。

公式サイトへLinkIcon

ケンジのlivelog

2006年、名古屋を拠点に活動するプロGONNAを退団しソロとして活動する古立ケンジ氏のブログ。和太鼓零 ~ZERO~の指導者でもある。

公式サイトへLinkIcon

鼓楽衆 翔 (こがくしゅう しょう)

大阪を拠点に活躍するプロチーム。和太鼓を中心に多様な音楽を展開する。

公式サイトへLinkIcon

鼓打舞

2003年11月結成・愛知県武豊町を拠点に活動。
講師には和太鼓指導者の吉村城太郎さんを月に1~2度迎えてユーモアあふれる楽しい指導の下、
初心者から経験者までに対応した練習をして頂いています。

「上手に叩くことより、楽しく叩く」をモットーに、和太鼓をとおして「自分自身の向上」と
「社会への奉仕」などいろんな事につながり、見てくれる方に和太鼓の楽しさを伝えていければと思っています。

今後も、皆様に楽しんで頂ける舞台が出るように精進し、これからも「輪太鼓」を楽しんでいきます

公式サイトへLinkIcon

こちら 三河放送局!

三河発。地域密着型インターネットテレビ局
『こちら三河放送局(通称こちみか)』とは、愛知県三河地方に関連した様々な情報を
動画で提供するインターネットテレビ局です。

公式サイトへLinkIcon

こまち

「民謡をもっと楽しくもっと華麗にパワフルに!」をモットーに活動する若手女流民謡バンド。

公式サイトへLinkIcon

鼓楽坊 (こらぼう)

愛知県名古屋市を中心に活動する和太鼓集団。ジャンルにとらわれず様々な楽器音楽形態にチャレンジ。

公式サイトへLinkIcon

咲楽~sakura~

岡崎・幸田を中心に活動する和太鼓チーム披露宴演奏、養護施設演奏など各種イベントに積極的に参加しています 新規メンバーも随時募集しています

公式サイトへLinkIcon

桜鼓会

1996年6月に21名で正式にサークル活動がスタート同年8月に『桜鼓会』と命名、会の規約が決められました。

指導者に『上総ノ國・房州太鼓』の宗家・河野忠幸氏を迎え、
2000年4月より、財団法人・日本太鼓連盟 千葉県支部に加入。

現在、地元の地区だけではなく、近隣地区や四街道市外からのメンバーも加入し、
四街道市内外のイベントなどで活動しています。

公式サイトへLinkIcon

三州足助太鼓

豊田市足助町を中心に活動する和太鼓チーム。

公式サイトへLinkIcon

三州幸田鼓夢

幸田岡崎を中心に活動する和太鼓チーム。歴史は古く、技術力は確か。

公式サイトへLinkIcon

疾風打太鼓

1992年、醤油発祥の地として知られる和歌山県湯浅町に発足。
以来、豊かな自然環境の中から生まれる独自の和太鼓音楽で、県内外や海外で数々の公演を行っている。

また2007年から、さらなるスキルアップを求め近藤克次氏(鬼太鼓座、鼓童で活躍、現在は長野を拠点に活動)に師事。
同年9月には、氏が総監督を務める「第五回神恩感謝日本太鼓祭」へ初出演し、
日本全国の選りすぐりの和太鼓集団が集う中で高い評価を得る。

 またリーダーの嶋本龍は、作曲家・指導者としても活躍しており、地元の和太鼓団体はもとより、
紀州南部ロイヤルホテルのブライダルスタッフやアメリカ・ボストンの
プロ和太鼓集団“Odaiko New England”などにも楽曲を提供し、
その斬新なアイディアと丁寧な指導が好評を呼んでいる。

公式サイトへLinkIcon

嶋本 龍

嶋本 龍(りょう):1976年生まれ。11歳から和太鼓を始める。
疾風打太鼓のリーダーを15年経験、2008年ソロ活動開始。近藤克次氏(元 鼓童、鬼太鼓座)に師事

現在は地元和歌山県を拠点に活躍。
ryo-logo2[1].gif

公式サイトへLinkIcon

ジャパン和太鼓アーツ倶楽部

代表・内海一行。1971 年兵庫県出身。中学、高校では演劇を学び舞台活動を経験。
また、地元の盆踊りの太鼓や祭りの獅子舞などに接し伝統芸能の魅力に心を惹かれる。
和太鼓チームに入会し数々の伝統的な奏法を習得後、和太鼓の素晴らしさ、可能性を追求しようとプロに転向。
ダンス、舞踊、和.洋楽器との共演など演奏スタイルは様々な分野におよぶ。

主な出演は97 年、01 年、『日本太鼓フェスティバルin 輪島』、2000 年韓国で開催された『世界ドラムスフェスティバル2000 』には
日本代表として参加。01 年、ショー・コスギプロデュース「Ninjas from Hollywood ジャパンツアー2001 」。
04 年、兵庫ふれあいの祭典「日本和太鼓フェスティバル2004 」05 年、「邦楽ニューサウンド2005 」、
06年「第5 回東京国際和太鼓コンテスト」大太鼓部門本選出場

公式サイトへLinkIcon

せいせき鼓桜

東京都多摩市。
太鼓を通じて地域の中で豊かな出会いと人間関係をはぐくみながら
和太鼓の文化を創造していきたいと思っています。

公式サイトへLinkIcon

千里・和太鼓クラブ八鼓

こんにちは♪ 和太鼓クラブ八鼓です。
私たちは大阪府豊中市、千里中央地区で地域のおまつりでの演奏を中心に活動しています。
メンバーは小学生から大人まで、幅広い年齢層で楽しく練習しています。                           
演奏は「楽しく!・元気よく!・そしてチョットかっこよく!」 を目標に
太鼓の音でみんなを元気にするような演奏を目指しています。 

公式サイトへLinkIcon

爽音 玉天箱

爽音 玉天箱「そうおん たまてばこ」
和太鼓の郷土芸能にとらわれない音楽を日々目指し和太鼓のみの舞台ではなく、
ダンスやバンドの方々と一緒に舞台を作ったりと挑戦しています。

まだ、グループ結成してあまりたっていませんが、演奏依頼 一緒にやってみたい方。
どしどし連絡ください!!

公式サイトへLinkIcon

創作和太鼓集団 尾張太鼓

尾張太鼓は愛知県の北西部、丹羽郡大口町を拠点に活動している和太鼓集団です。
1986年に地元の活性と地域の発展向上の為にグループを結成しました。
常に新しい音の創作にチャレンジし、和太鼓.篠笛などを中心に個性的な作風と、
迫力ある音圧と勇壮で華麗に太鼓を打ちならす和太鼓集団です

公式サイトへLinkIcon

園部舞組 爽龍隊

京都府船井郡園部町で平成15年に誕生したよさこいチーム。60名ものメンバーが観る人に楽しさと感動を与える。

公式サイトへLinkIcon

『ソロ太鼓*幸弘*』

京都府福知山市を中心に活動をしている和太鼓奏者の霜澤真です。
普段は地元の和太鼓団体・福知山御霊太鼓保存会に所属し、舞台プレイヤー&舞台構成係として活動しています。

単独で活動する時は『ソロ太鼓*幸弘*』と言う名前で演奏しています。
幸弘と言う名前の由来は、沢山の「幸」福が色々な人達に「弘」まってほしいと願い名付けました。
私は、ソロ活動を行い和太鼓の持つ本当の意味を知る、そして色々な人と沢山の交流(出会い)をして和太鼓の良さを知ってもらう。
または、お互い色々な情報交換をして自分に足りない部分に足していく。
そんな事を目的としてソロ活動を行いました。

そして平成21年5月1日には、アマチュア和太鼓ユニット『ひとつ』を結成しました。
メンバーは、他の太鼓団体やグループに所属して活動している人たちを呼び集めた、男女4人です。

公式ブログ “青い空風に吹かれて”LinkIcon
福知山御霊太鼓保存会 公式サイトLinkIcon

高猿神楽団

結成 平成7年。
高猿神楽団は今から10年前に結成され、梶矢系神楽を中心に昔ながらの神楽に力を入れを日々練習しています。
現在団員は11人で、青年層を中心とした活気のある神楽に仕上がっています。
主な上演活動としては競演大会、各種イベント、神楽奉納、老人ホーム慰問等に出演をさせていただいております。  
これからも皆様の暖かいご支援をいただけますように、団員一同日々精進していきたいと思っています。

公式サイトへLinkIcon

知多半島和太鼓こころ会

知多半島和太鼓こころ会は、知多郡南知多町内海地区に平成8年4月に結成しました。
平成16年8月には、長野県岡谷市で行われた世界和太鼓打ち比べコンテストで文部科学大臣奨励賞
平成16年10月には東京で行われた東京和太鼓コンテストで敢闘賞を、翌平成17年8月には前年と同じ岡谷市のコンテストで岡谷市長賞を
10月に行われた東京のコンテストでは、優秀賞をいただくことができました。

公式サイトへLinkIcon

徳島文理大学 和太鼓部 億 OKU

創部当初よりお世話になっている学校です。

公式サイトへLinkIcon

寧鼓座(なこざ)

寧鼓座(奈良の太鼓コミュニティー)は、太鼓を通して、世界の平和と人類の幸せの実現に向け、
参集し行動する人々のコミュニティーであります。

 御諏訪太鼓をもとに、、他の民族音楽などとアップデイトされた演奏スタイルで地域のお祭りやイベントに出演、
ワークショップや出張太鼓道場、盆踊りなど多数開催。
また奈良太鼓パートナーシップを主宰し、みやと祭り(太鼓秋祭り)を開催している。 

公式サイトへLinkIcon

西連太鼓

平成19年1月に立ち上げ20年10月の祭礼にデビューしました。 
3年目を迎えた今年は10月10日(日)の大平八幡宮祭礼の日、夕方6時頃から演奏を行う予定です。
今月の日曜日(8日)には一日合宿です。9月にもう一度行います。

公式サイトへLinkIcon

羽島太鼓 大賀

羽島太鼓 大賀(おおが)は平成5年9月に羽島市の公募により集まったメンバーで結成されました。

 創設以来、元鼓童の中心的プレーヤーであった「近藤克次氏」、孫六太鼓の「関 刀鼓氏」から
そして現在は多くのプロ、アマチームを指導されている「吉村城太郎氏」から指導を受けています。
また、地元での心強い指導者「高砂房子氏」にもお世話になっています。

 これまで地域のイベント等では、いくつかのオリジナル曲を積極的に取り入れてきました。
練習は週に一回、水曜もしくは木曜に羽島市文化センターで行っています。
平成13年と16年には念願の自主公演も果たせました。
これからも楽しく、仲良く、元気よくを合言葉に地域の皆様に愛される和太鼓チームを目指していきたいと思います。


公式サイトへLinkIcon

「BATI-HOLIC」

2004年に結成された、和太鼓・踊り・唄・笛・鳴物等を中心としたパフォーマンスグループ。
京都を拠点に、国内外問わず年間100カ所以上、延べ数10万名の前で公演や教室を展開する。

過去国内では、愛・地球博(2005)、ワールドカップバレー(2007年)。
海外では、オランダ(2005)、韓国日本大使館公報文化院の招聘公演(2006、2007)、光州国際公演芸術祭(2007.08)、
日韓交流おまつり(2007.10、在大韓民国日本大使館共催)、台湾台南国際民族芸術節(2007.11)にて演奏し、好評を得る。
また、太鼓の演奏だけでなく踊りでも、津軽民謡・南部民謡組踊り最高峰の大会にて優勝メンバーとなる(2007)。

そのパフォーマンスは「現代的・多角的・情熱的」で、世代・国籍を問わずに心揺さぶるリズミカルな楽曲の他、
唄や踊りを織り交ぜた、変化と起伏に富んだ舞台演出・構成が特徴。
また、観衆に共感や一体感をもたらす、真剣さとユーモアが調和したステージングも評価を得る。

メンバー各々は、この日本の芸能楽曲に携わりながら、先人たちが残していった精神や動き、音の美しさなど
そのコアな部分と向き合い「本質」そのものを追求。
その上に、日本の「京都」を選び、多様な文化や価値観が集約、継承、創造される場を肌で感じとりながら
次世代に繋がる音楽をつむぎ出す。

BATI-HOLICは、こういった郷土芸能と地域性への敬意を共通基盤とし
「忘れかけたこの故郷の情熱」から「新しき情熱」を創ることをテーマに、今後も京都から世界へその音楽を発信する。

公式サイトへLinkIcon

Performance Kizuna ~絆~

 Performance Kizuna は2010年に開催された「上海万博」をきっかけに結成された和太鼓集団です。
講師である川田幸男先生が太鼓歴10年以上の若者を中心にいろいろなチームから集め
上海万博での公演のように、「年に1回海外公演を行うこと」をモットーにつくられたチームです。
国内でも様々なイベントに参加したり公演も行っており、2012年3月に単独コンサートも予定しています。
メンバーの平均年齢は19.8歳と若く、勢いがあり、元気のあるチームです。初期メンバーは男性1人女性6人で構成されていました。
上海万博後に更なるパワーアップをする為、新メンバーを加え、現在は男性3人女性7人の10人で
卒業したメンバーの分まで頑張って活動しています

公式サイトへLinkIcon

早川流やぐら太鼓

早川流やぐら太鼓とは
豊田地域では、古来から伝わってきた郷土芸能が、戦後から高度成長期にかけて大きく衰退し
私たちは先人から受け継いできた大切な財産を数多く失ってきました。
そうした中にあって、盆踊りの隆盛に支えられた早川流やぐら太鼓は、昭和期の郷土芸能として
市民や関係団体から大きな支持を受け現在に至っています。
また、現在、早川流やぐら太鼓では、早川流やぐら太鼓の継承とともに、地域の文化活性化を図るため
次の地域文化に関わる活動を行っています。
早川流やぐら太鼓の特徴は、独特の構えと技、そして、太鼓の縁を打つカラボセの妙技です。

公式サイトへLinkIcon

HIDE和太鼓school

2008年4月まで京都を拠点に活動する和太鼓集団”風流打楽祭衆”に在籍。
5年間で400を超える公演経験を積み、CD【禮音】にも参加。

また、2004年よりカナダ出身のキース・ヒルズと共に、”HIDE&キース”を結成。
和太鼓の枠にとらわれることなく自由に楽器をとりいれ、さまざまなアーティストと国内外で共演。
2005年に初CD【phat?】、2009年に【Kukuruyuk】を製作。

また、和太鼓の普及にも力を注ぎ、現在まで300名以上の生徒さんに和太鼓の魅力を教えてきている。

公式サイトへLinkIcon

火の太鼓

最も人気の和太鼓サイト。面白い情報が満載。

公式サイトへLinkIcon

平尾子ども太鼓

福岡県福岡市ので大活躍する子ども太鼓チーム。

公式サイトへLinkIcon

備中温羅太鼓 (びっちゅううらだいこ)

昭和51年「雪舟たる太鼓」として結成し昭和52年に地元岡山県総社市に古くから伝わる温羅伝説(桃太郎の原形)にちなみ
「備中温羅太鼓」 と改名し、 県内はもとより国内・海外 と "ゆら ぎ”と”感動”そして”観客との一体感”を目指し活動を続けています

公式サイトへLinkIcon

舞彩駒 (ぶさいく)

神奈川県中央地域(座間市、海老名市、厚木市、相模原市、秦野市など)中心に活動する和太鼓チームほのぼのとした雰囲気が売りものです。

公式サイトへLinkIcon

藤 本 靖 之(GYUTARO)

北海道千歳市在住
  1998年より和太鼓サークルで活動。
  2003年秋、「鼓童塾・金子竜太郎編」に北海道よりただ一人参加。
  GYUTARO(牛太郎)は塾仲間の間でついたニックネーム。
  2005年には独自の初心者向け和太鼓ワークショップを開催。

  2006年春、サークルから独立。
  千歳市内で唯一のソロ和太鼓プレーヤーとして、
  各種イベント出演はもちろん、異ジャンルとのコラボレーションなど、
  様々な企画を画策中!

公式サイトへLinkIcon

武鼓 (ぶっこ)

愛知県知多郡武豊町で2000年4月に発足した武豊太鼓教室。篠笛教室も開催中。

公式サイトへLinkIcon

豊後潮太鼓 (ぶんごうしおだいこ)

豊後潮太鼓は、1986年に大分市で結成され、豊後水道の四季を織りなす様々な情景や景観を和太鼓で表現しようと
「豊の海の響き」をテーマに活動を続け、観光大分の一役を担っております。
年間50~60回の公演をこなし県内外を始め海外までその活動の範囲を広げております。
2000年には15周年記念公演「喝祭」2005年9月には20周年記念公演「翔奏乱舞」を成功させ、その演奏技術は高い評価を得ております。
今では大分県を代表する和太鼓集団として活躍しており、毎年大分七夕祭りの「府内戦紙」を演奏することで知られております。

公式サイトへLinkIcon

邦画ジャーナル

 邦楽の総合窓口 (有)邦楽ジャーナル
 箏・尺八・三味線・太鼓・雅楽 etc. 邦楽を楽しむための情報ならおまかせ下さい!
 月刊情報誌「邦楽ジャーナル」の発行。
 CD・DVD・書籍・楽譜 邦楽ばかり1500種余の品揃え「通信販売HOW」の運営。

公式サイトへLinkIcon

梵迦 -BONGA-

伝統的な和太鼓の良さを守りつつも、現代の新しい感性を
織り交ぜながら独自の音楽を追求している。息の合った若さ溢れる演奏が特徴である。

公式サイトへLinkIcon

三河蓮如太鼓

岡崎市にある三河別院を拠点に、演奏活動しています。
三河蓮如太鼓は平成11年蓮如上人500回御縁忌を記念して上人の三河地方での
ご足跡を「和太鼓」で表現するため、結成しました。
演奏活動は愛知県下を中心に、京都、大阪、三重、岐阜、などの真宗寺院のほか
岡崎市内でのボランティア活動も行っています。

公式サイトへLinkIcon

三ッ辻太鼓

京都府亀岡市の和太鼓チーム。千代川太鼓さんと「和太鼓グループとなりぐみ」と称して一緒に活動。

公式サイトへLinkIcon

密蔵院

鎌倉時代の嘉暦(かりゃく)3年(1328)、慈妙上人(じみょうしょうにん)によって開山された医王山薬師寺密蔵院は、
天台宗延暦寺末中本寺格です。
戦国時代末期に衰退したものの、寺運盛んな時代には全国に700余りの末寺を有し、
寺域には塔頭三十六坊、3000人を超える修行学侶がいたといいます。

 しかし、今では往時の隆盛を偲ばせる中世の建物は、
室町時代初期に建立された多宝塔しか残っていません。
多宝塔は禅宗の様式を取り入れた珍しいもので国指定文化財です。
また夏の夕暮れ、ライトアップされたその姿は、ひときわ幻想的です。

公式サイトへLinkIcon

常陸乃国ふるさと太鼓の会

茨城県つくば市で活動する和太鼓グループ。昭和51年結成で太鼓グループの草分けと言える存在。

公式サイトへLinkIcon

夢童

高浜市の和太鼓チーム。年間30以上の演奏活動をこなす。

公式サイトへLinkIcon

やぶからぼう

岡崎を中心に活動する和太鼓チーム。三浦太鼓店の店主と双子の娘も参加。

公式サイトへLinkIcon

Yu Yu  “悠悠”

Irasshaimase! My name is Akiko Crowther.
I am a Master of Japanese Calligraphy. Here in Nelson, my husband Tim and I have the only traditional
Japanese calligraphy school and art gallery in New Zealand.
Welcome - please, come inside!

公式サイトへLinkIcon

吉浜下囃子連

新たなの時代を迎えて

「生き残りの時代」、「情報が制する時代」。
私たち郷土芸能の世界にもこの言葉があてはまるかも知れません。
地域社会と全世界インターネット・・・
ことば上ではかなりのギャップがありますが、郷土芸能ももはや
地域内だけで活動するだけの時代ではなくなってきているのではないでしょうか。
これからの郷土芸能は、情報を交換しあいネットワークを築いていくことが
活性化の近道であると考えております。
当サイトに寄せられた情報を基にチャラボコをはじめとする郷土芸能の
保存活動に少しでも役立てることができれば幸いです。

公式サイトへLinkIcon
ブログLinkIcon

四日市 神叫び太鼓保存会

信濃之國一之宮諏訪大社太々神楽無形文化財
御諏訪太鼓宗家小口大八氏より直々に命名を頂き、平成19年5月1日に発足をいたしました。
代表である私自身は、9歳の頃から太鼓を始め40年になり、その間25年間四日市諏訪太鼓保存会に在籍、
二代目打頭として活動してまいりました。
現在は、全国御諏訪太鼓連合会の一員としても、シンガポールジャパンフェスティバル、バリ、
ニューヨーク、サンフランシスコ等の海外公演、また国内のイベント等にも多数参加させて頂いております。

公式サイトへLinkIcon

47films

ここから発信する全てのプロジェクトには共通する志があります。
それは日本人の『郷土心』にあかりを灯すことです。

国際社会といわれる今、以前にも増して「アイデンティティー」
(=「自己認識」「国・民族・組織など特定集団への帰属意識」)が
重要視される時代となったのではないでしょうか。

他国を知ることも大切ですが、自分の生まれた国を知ることはもっと大切なことだと思うのです。
日本の伝統、文化、歴史、民話を題材にした映画を通し、母国に誇りを持っていただけたら嬉しいです。

私たちは過去からバトンを受け取り、そして未来へバトンを渡すために活動をします。
現在から未来へ繋げたい、遺したい 日本のカタチ・ものをテーマに創造し、
過去から現代へバトンを繋いでくれた祖先への感謝も作品に込めて伝えます。
「人と人が触れ合うとき、何かに想いを込めたときに感じる温もりを伝えたい。」
そんな想いを原点にこの会社は誕生しました。

公式サイトへLinkIcon

楽風打 (らふうだ)

岡崎を中心に活動する和太鼓チーム。三浦太鼓店の店主と双子の娘も参加。

公式サイトへLinkIcon

龍桜流やぐら太鼓

龍桜流やぐら太鼓は太鼓の美しさを追求します田市に伝わる盆太鼓をベースに
龍桜湖泉が編み出した太鼓スタイルと多彩なリズムや技を龍桜朱泉が華麗なばちさばきへと進化させました

公式サイトへLinkIcon

レストラン美加久 (みかく)

刈谷やぐら太鼓のリーダーが営む愛知県刈谷市のレストラン。こだわりの手作り料理でおもてなししてくれます。

公式サイトへLinkIcon

レナード衛藤

鼓童在籍時、「彩」や「族」といった曲を多数作曲し、ひとつのスタイルを作り上げる。
中でもかつぎ桶太鼓や太鼓アンサンブルは、後続の太鼓グループはもとより海外のエンタテインメントにまで影響を与える。
 ’92年独立後、35カ国を超える国々で演奏し、国内外の錚々たるアーティストたちとの交流を通じて
「音の形をした自由」と評される独自の世界を切り拓いていく。
クラブレオ・ミュージック主宰。

公式サイトへLinkIcon

REN神戸

2001年に結成したアマチュアの和太鼓グループ。
和太鼓を中心にさまざまな種類の太鼓と篠笛、津軽三味線、三線や、鉦、チャッパなどいろんな種類の邦楽器を使い
全国各地に伝わる「伝統芸能」から「現代音楽」まで幅広く演奏します。「温故知新」の精神と笑顔はじける個性豊かな打ち手が
「迫力のある音」、「心に染みる響き」を大切に、老若男女誰もが楽しめるステージを目指しています。
現在、社会人9名、学生1名の合計10名のメンバーで神戸を拠点に活動中です。

公式サイトへLinkIcon

蓮風

気の赴くまま、風のなすままに和太鼓 津軽三味線という日本の伝統楽器を使い
路上パフォーマンスから発足。
2003年に和奏ユニット『蓮風 RENPU』を結成。

村下と友岡を主体とし、さまざまなアーティストと創り上げる舞台は
自然界が魅せる四季折々の姿のよう。
大阪を拠点に様々な舞台で活躍中。

公式サイトへLinkIcon

和楽 -wagakuー

和太鼓奏者・友永綾美が率いる、The Japanese Beat performers -WAGAKU- ~和楽~
2001年11月に結成、女性のみで構成された和太鼓を中心とした演奏グループです。
~古代、大陸文化が融合され、日本人独特の美意識により変化した日本の伝統文化を大切にしながら、さまざまな要素を取り入れ
『和』の良さを伝えたい~
『打・吹・唄・舞』和楽の舞台から皆様にきっかけを運ぶことができたら幸いです。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 今田晶子 ウェブサイト

今田晶子 Akiko Imada
1981年 京都生まれ

1990年、小学校在学中に和太鼓クラブに出会い和太鼓を始める。
その後、京都太鼓センター専属青少年和太鼓チーム「祭っ娘」に7年間在籍し、
卒団後の翌年2000年、仲間とともに「和太鼓チーム 春太」を立ち上げる。
春太の活動とともに指導活動も始め、2005年に自身が運営する「大将軍ちびっこ和太鼓教室」を開く。
現在、様々な和太鼓奏者や音楽家たちに影響を受けながら、柔軟な和太鼓を目指し、演奏・指導活動を行っている。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓打ち 吉村純一

愛知県小牧市在住の和太鼓奏者、指導者、探求者である吉村純一氏の個人サイト。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓教室☆耀座

「神奈川県京浜地区(鶴見・川崎)を中心に活動している和太鼓教室です。」

公式サイトへLinkIcon

和太鼓クラブ八鼓

平成8年3月、豊中市立第八中学校の卒業式に保護者会(おやじの会)が
卒業生を勇壮な太鼓で送り出したいとの思いで在校生
保護者が演奏したのが始まりです。

その後地域のお祭りや地区イベントでの演奏依頼があり
太鼓経験者をリーダーとして、継続的に練習し、演奏を披露するようになりました。

現在のメンバーは千里中央地区(東町、北町、西町)の小学生、中学生、高校生、大学生、大人を中心に
周辺の吹田市、箕面市在住まで約20名で構成されており、毎週日曜日に練習し
演奏活動や地域の行事に参加しています。

平成20年 初のオリジナル曲「蒼天」(友岡宣仁氏作曲)が完成。
これを機に難波神社「氷室祭和太鼓フェスティバル」にて演奏、好評を得ました。

平成20年 日本太鼓連盟主催の和太鼓コンテスト、「ジュニアコンクール」に出場。
ジュニアの部 大阪府大会第2位をいただきました。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 光企画 (こうきかく)

1999年太鼓ユニット光(KOH)の事務所として愛知県にて設立される。和太鼓演奏活動のほか奏者の育成など幅広く活動している。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 鼓楽

北海道旭川市。
大雪山景を見渡し、四季の移り変わりを感じる、大自然の中に練習場を構え
ジュニア会員を含め22名で結成されている、太鼓衆です。
昭和61年発足・・・平成11年に 和太鼓 鼓 楽と改名。発足後21年を迎えました。
自由に音を出して、思う存分練習がしたいと願い自然が一杯の鷹栖町に、民家を見つけメンバーの持っている、
力量を生かしながら、改築し手造りの練習場を完成させました。
甲斐あって。3回の海外公演に、多数のメンバーが参加、実現しています。
伝統曲3曲をはじめとして、創作楽曲にも力をいれ、試行錯誤の中、心地よい汗を流し
2007年 8月に新たな創作曲を完成させることが出来ました。
旭川夏、冬祭り、各種記念式典、福祉施設の慰問、盆踊り時期には、各会場に足を運び旭川市内のみならず、
ご縁があった皆さんに高い評価を頂いております。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓・獅子舞・民舞の【でん舎】

和太鼓・獅子舞・民舞の【でん舎】は子どもから大人まで楽しめる和太鼓の演奏・指導をしています。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 忍~SHINOBI~

2008年11月、東京都中野区を中心に活動を始めた和太鼓 忍~SHINOBI~です。

一打一打に気持ち・魂・心を込め、聞いて下さる人の心に響き、魂を震わせる演奏を目指しています。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓集団 響流~きょうりゅう~

私たちは、2010.2月に発足されたばかりのホヤホヤな創作系和太鼓団体です。
ただ今メンバー数は10名。(2011年 現在)

代表が完治のない腎臓病に冒され失意のどん底にいた時、太鼓祭第2回関東大会を見て
「私もこの病気を治してこの大会に出たい」 と、撥を握ったこともないのに決意したの
がすべてのはじまり!

「私を鴻巣に連れて行って」 との一声により、主にすわんど生徒から集まり、
やがて下は10代上は50代までの8人の仲間達が集い響流が結成。
響道宴先生の指導の元稽古に励む。

数々の困難があったものの、遂に念願だった東日本大会への出場権を獲得し、
一つ目の夢は無事達成!
そして次の野望に向け、同時に何十年も色あせない息の長く続くチームになるよう
「やれば出来る!」を合言葉に各自日々精進しています。

響流では泣き言とネガティブ発言は一切禁止です(笑)
太鼓の音を楽しみ、追求し、見て聴いて下さる方に 楽しんでもらえるよう、
「きょうりゅう」は皆様に最強の愛すべきモンスターとなれるよう、メンバー一同、
技術的にも人間的にもこれからも更なる成長を続けてまいります!

公式サイトへLinkIcon

和太鼓集団 "鼓鐵" (こてつ)

平成元年に近江一ノ宮、建部大社の船幸祭のふれ太鼓を原点に建部太鼓保存会として結成。
翌年、『和太鼓集団 鼓鐵』に改名しフリーの和太鼓集団として独立。
滋賀県大津市を拠点に活動し、船幸祭では太鼓船に乗り湖上での演奏で
御神輿や花火と一体化し、祭を大いに盛り上げた。

結成当初よりオリジナル曲の作曲に力を入れ、大津市制100周年のイベント等で多く演奏されている。
シンセサイザーや民族楽器等を取り入れ幻想的な和太鼓音楽を展開した第一期。
和太鼓ROCKを提唱し、若さあふれるパワーと大迫力のステージで観る者を圧倒した第二期。
現在、第三期を迎え原点である和太鼓のみのアンサンブルで様々な様式の楽曲を創作し
バラエティにとんだステージングで親しまれている。

和太鼓=迫力・カッコイイ等のイメージを持たれがちだが、鼓鐵はそれ以上に楽しさや温かさ等を伝えたいと願っている。

また、独自のステージのみではなく他ジャンルのミュージシャンとの共演や
演劇・JAZZダンス・ファッションショー等の舞台音楽も担当。
ジャンルや概念にとらわれる事なく常に新しい物を追求し続ける創作和太鼓グループ。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓集団 佐倉太鼓衆

佐倉太鼓衆は、千葉県佐倉市で最も歴史のある櫻太鼓の選抜メンバーによるアマチュアの創作和太鼓集団です。
およそ30年ほど前、盆踊りで太鼓を叩いた数名の若者が太鼓の魅力に取り憑かれたのが始まりでした。

 初めのうちは、盆太鼓を活動の中心に据えて活動していましたが、組太鼓の演奏依頼が増えるにつれ、
エンターテイメントとしての和太鼓演奏を追求するようになりました。

気が付けばオリジナル楽曲も増え、地域活性化を目的とした櫻太鼓と芸術文化振興を目的とした佐倉太鼓衆という
2つの顔を持つに至りました。

篠笛と和太鼓の絶妙なアンサンブル、佐倉の太鼓をどうぞお楽しみください。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓集団 雅美-MIYABI-

和太鼓の魅力に共鳴し合った者同士が自然と集い、
2003年に結成された創作和太鼓集団「雅美-MIYABI-」

演奏曲、衣装、演出にオリジナリティを模索しながら創り上げていくステージは
常に躍進を続けています。

皆様との一期一会の出会いに感謝し、メンバー一丸となって和太鼓の迫力、
楽しさを全身全霊で表現します。

2004年 9月11日
1th Anniversary Concert 開催。

2006年 9月17日
2nd Anniversary Concert
「History」 開催。

2007年 7月28日~29日
第20回松本城太鼓まつり
初の中四国外遠征として日本各地からの応募の中出演権を掴む。

2009年 2月22日
3rdコンサート「thanks~そして次の扉(stage)へ」。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 零 ~ZERO~

三浦太鼓店・六代目がリーダー。若いメンバーで2004年に結成されたこだわりのチーム。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓奏者 谷口武芳

山梨で4年間中学校、高等学校、地域アマチュアチームの太鼓指導に携わりながら自身の演奏活動を行う。2007年より栃木を拠点に和太鼓の
音楽活動を開始。以後公演活動や和太鼓指導を通し、和太鼓の普及と地域芸能の活性化を目指す。陶芸家の兄、谷口英明と共に「和」文化の
発信に努める

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 第一旭

2000年の10月に常滑焼で有名な愛知県常滑市で結成され、愛知県内を中心に積極的に演奏活動を行なっています。
メンバーは今時のどこにでもいるような若者たちで、世代も様々です。同世代の若者の持つ和太鼓に対するイメージや壁を取り除き
若者にもメッセージが投げかけられるような太鼓を目指しています.。
 第2回世界和太鼓打ち比べコンテストでは、準優勝の長野県知事賞を受賞することができました。
また、2002年8月24日に行われた、第9回オールジャパンオタイココンテストにおいて、第2位の織田町長賞を受賞することができました。
2002年9月14日に行われた、まほろば天響祭2002において、優勝いたしました。
そして第一回東京国際和太鼓コンテストにおいて第3位にあたる敢闘賞を受賞しました。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓チーム「魂」

和太鼓チーム「魂」は、2007年、埴生小学校・羽曳野中学校の合同チームとして発足し、
2013年、埴生校区育成協の団体として、承認されました。
「一生懸命がカッコイイ!」をモットーに、聴いて下さる方々に、元気・勇気・感動を届けられるよう、
一打一打、魂を込めて、打ちます!

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 響 (どん)

愛知県蒲郡市で活動する和太鼓チーム。ボランティアからイベントなど年間20~30回の演奏活動を行っている。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 破魔

和太鼓 破魔は毎年7月中旬頃に豊島区のJR巣鴨駅南口ロータリーで開催される
巣一盆踊り大会にて披露されております、巣一太鼓保存会の盆太鼓・江戸組太鼓・創作和太鼓等を
第1回より永年に渡り指導している石河代表が太鼓好きの仲間と結成したグループです。
和太鼓 破魔は盆太鼓・江戸組太鼓・創作和太鼓のイベントパフォーマンスや作曲、また和太鼓指導など
東京は豊島区、文京区を拠点に活動しています。
現在、破魔は男女合わせ約30名ほどのメンバーで構成され日々腕に磨きをかけております。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 松村組

神戸を拠点に活躍するプロチーム。和太鼓の持つ力強さとマリンバやケーナなどの民族音楽を融合させた独自の世界を作り出している。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 悠

大阪を拠点に2005年4月に誕生した和太鼓チーム「悠」
「悠」という文字は、はるか遠いさまを表します。
またゆったりとしているという意味もあります。悠然、悠々、悠揚、悠久・・・
永く、そしてゆったりと活動を続けたいという気持ちを込めて名づけました。「ゆう」という響きは“遊”や“友”という気持ちもあらわしています。
ただがむしゃらに和太鼓を打つだけじゃない。楽しみながら心を一つにして上を目指す。和太鼓 悠 がどう進んでいくのかとても楽しみです。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 楽鼓組

兵庫県尼崎市で活動されるグループ。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 凛

愛知県岡崎市で活動するグループ。

公式サイトへLinkIcon

和太鼓 蓮

2008年4月川崎市を拠点に結成した創作和太鼓グループ。
地元の和太鼓グループで、それぞれ活躍していたメンバーが集まり結成。

 渾身の力で叩く姿、音圧によって聞く人と共鳴できるような太鼓、
そして日本人の美意識、感性をいかしたパフォーマンスを目指しています。
シンプルな中にも熱い心を込めて打ち込みます。

太鼓と出逢って自ら経験してきた感動を多くの人と共有できるように、
そして我々全員の思いを一つの太鼓音として蓮ねて。

公式サイトへLinkIcon

フリー音楽素材MusMus