六代目ブログ

伝統発信ブログ

お知らせ

人が増えることはリスクじゃなくて「可能性」

こんにちは、六代目彌市です(^^)/

 

12月もいよいよ中盤に差し掛かろうとしてて

2018年が終わろうとしていますが、

 

お蔭様で

たくさんお仕事をいただいて本当に感謝しています♬

 

2016年の1月から

はじまった私の桶づくりも、

 

今年で3年目。

 

その3年目の大きな変化は

2つあります!

 

 

1つは、

これまでたった一人で試行錯誤してきた

桶作りの道に、

しゅん太丸という弟子ができたこと( ;∀;)

 

 

そして、もう一つは

 

桶の「修理」や「リメイク」の

仕事のご依頼がビックリするくらい増えた事♬

 

こんな7尺を超える大きな桶の修理だったり↓↓

 

古くなった桶を削り直して

美しくよみがえらせたり♬↓↓

 

はたまは、

こだわりの色へカラーチェンジリメイクさせてもらったり↓

もとはこの色が↑

 

こんな感じにリメイクされました↓↓

 

 

先日も東京のお客様から

こんな桶が突然送られてきて、、、

 

なんだか見た目もフォルムも

かわいい感じの桶たちをリメイクされたいとご要望♬

 

はて?

どんなイメージにされたいのかな?と思ったら

 

いくつかお客様自身でデザインされた

イメージ画像を送ってくださいました♬↓↓

 

 

なるほどーー♬

こういうお仕事のご依頼はワクワクしますね(^^♪

 

我々も、やってみないと

一体どんな最終仕上がりになるのか分かりませんから!

 

でもって早速作業に入っていきます♬

 

まずは、生地の胴を

きちんとリメイク修理して、、、

 

でもって、

ここから先はスペシャルな塗装技術をもつ

しろちゃんへバトンタッチ♬

 

そして、無事完成した桶が

こんな感じにしあがりました♬

 

 

 

今回はつや消しマットブラックをベースに

デザイン部分をメタリックにしたことで

 

デザインの部分と胴のベース色の

コントラストがはっきりと見えて

 

クールだけとかっこいい!!

 

お客様にも大変喜んでもらえて

良いお仕事ができて本当によかったです(^^♪

 

 

もともと、三浦太鼓店では

「桶」を作る技術もなかったし、

 

「塗装」をする技術もありませんでした。

 

すべて外注。

 

でも、

その外注先が高齢化だったり

後継者不足だったり、、、

 

さまざまな原因で

そのすばらしすぎる「技術」が

失われかけていく寸前に、、

 

お蔭様で私たちが

その「技」と「知恵」

 

そして職人の命ともいえる

その「道具」を引き継がせていただくことができたんです。

 

 

とはいえ、

 

いままでやってなかったこと、

いままでできなかったことを

 

「できるようにする」って

 

本当に大変なことです。

 

 

その為に、

 

たくさんのお金も必要だし

たくさんの時間も必要だし

たくさんの場所も必要になる。

 

 

でも、

結果的に全部やってみて今言えることは

 

もしそれが

自分たちでできるようになったら、

 

自分たちの「未来」を

自分たちの手で「創造」できるようになるってことです。

 

今の世の中の流れとしては

 

従業員は少しでも雇わないで

 

人件費と言う負担とリスクを

少しでも軽減していくという考え方が

 

「経営」として主たる考え方なのかもしれませんが、

 

それでは、守るものも守れないし

新しい創造もできないし、

 

自分達のチカラじゃ何もできないってことは

大きな時代の流れに飲み込まれてしまうだけになってしまう、、、

 

私はそんな気がしています。

 

 

今では偉そうにこんな事言ってる私も、

 

代々家族経営、、、

 

親父とたった2人でやっていた頃に

外部から人を雇うなんて、雇えるようになるなんて

考えもしなかった。

 

人が一人増えるという事は

リスクが増えるということじゃなくて、

「可能性」が増えるってことですよね♫

 

本当に感謝しかありません。

また、

来年に向けていろんな動きが加速していきそうです(^^♪

 

 

さて、

今日は午後から

「味噌六」の3号機となる材料をもらいに

八丁味噌さんへ行く予定です♬

 

来年も作りますからね!3号機( ;∀;)

 

いろいろご協力くださいませ♬

今日もステキな一日を(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ