六代目ブログ

伝統発信ブログ

お知らせ

どこかの誰かの役に立てる事。

こんにちは、六代目彌市です(^^♪

 

先日、テレビを見てたら

 

今話題の築地市場から

豊洲市場へと移転した仲卸し業者の

 

社長さんが取材でこんな事

応えられてました♬

 

小さいころから

築地で育って親父の仕事をみて育って、、、

 

大好きな場所ではあるけれど、

 

長靴はいて仕事して、

そんな姿をみて育って

 

正直この仕事がかっこいいは

子供の頃は思わなかった、、、、

 

でも、

今こうやって商売やって

 

自分の経験を活かして吟味した

「良い魚」をお客さんに買ってもらって、

 

昨日の魚、本当によかったよ!!

 

そうやって言ってもらえること、

それだけで幸せだ♬

 

 

と、、、

 

そんな話を目に涙を浮かべながらも、

活き活きとした表情でその社長さんは

語って見えました。

 

人生の「生きがい」って

本当にシンプルだし、

日常の些細なことかもしれないけど、

 

シンプルで、些細なそんな日常の中に

 

私だからできることで、

人様の社会のどこかの誰かの役に立ってる!

 

そういう実感を持てること♬

 

ここに心豊かに生きる「生きがい」が

あるんでしょうね♬

 

自分が好きなことだったり、

得意な事だったり、

 

自分の仕事を通して

人から「ありがとう」って喜ばれたら

 

誰だって嬉しいし、

生きがいになる。

 

三浦太鼓店の五代目親父も

あぁ!本当に“良い音”だ♬

 

太鼓を買ってくださったお客さんに

そう言ってもらえる事が

 

一番の喜びだと、、

 

昔からずっと聞かされていました(^^♪

 

人から感謝される事って本当に嬉しいですよね(^^♪

 

人から感謝されることが嫌いっていう人は

いないとおもいます。

 

 

でも、感謝の気持ちって

やっぱり言葉にして、文章にしてその相手に

伝えなければ、

 

きっと伝わらないと思うんです。

 

私達だって、

いくら良い太鼓を作ろうと日々目指して頑張っても、

 

納めた先のお客様によって

良かった!よって言葉で文章で伝えてくださる方もいれば、

 

何も言われない方もいます。

 

何も言われない方が決して悪いという事じゃありませんが、

 

自分はやっぱり、何か感想を伝えてくださったら

うれしいし、その後の活力にすごくなるので、

 

私自身も日常のあらゆる場面で

例えば、

ご飯を食べに行ったときなどは必ず

顔をみて「ごちそうさま」

 

と、感謝を伝えるように心がけてます(^^♪

 

本当にこういう事って

些細なことかもしれませんが、

 

ビックリするくらいその後の自分自身の活動の

エネルギーになったりするんですよね!

 

 

三浦太鼓店もおかげさまで

従業員が増えてきて、、、

 

なかなか身内に対して

日々の感謝をするって恥ずかしくなって

しまいがちですが、、、

 

近しい存在だからこそ、

日々の「感謝」の気持ちをもっともっと大切にして

 

行かなきゃなって

最近つよく思いました(^^♪

 

来年の年賀状用に撮った集合写真!

 

せっかくみんな自然な笑顔で撮れたーー!!

 

と、思ったら

どこかの誰かが一人だけ違う方向いてました( ;∀;)

 

一発パンチしておきます(笑)

 

まだまだチームワークを高める余地があるようです( ;∀;)

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ