六代目ブログ

伝統発信ブログ

商品情報

【背骨と皮の関係性??背骨ってなんだ??】

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

【背骨と皮の関係性??背骨ってなんだ??】

 

✳︎さて大型連休も

終わりましたね~( ;∀;)

 

みなさん、いかがお過ごしでしたか~♬

 

遊びのような仕事ですが( ;∀;)

 

私は、東へ西へと

おかげさまで大忙しでして、、、

 

 

全国各地を飛び回っておりました♬

 

そんな旅先で先日共演させてもらった

太鼓打ちの方から

 

こんなご質問をもらったんです🎶

 

三浦さん、

大太鼓の皮には「背骨」って

あるじゃないですか~

 

あの背骨って

そもそも何ですか??

 

台に置くときとか、

 

叩くときとか

どうしたら良いかわからないです、、、

 

と、、、( ;∀;)

 

 

そうか~

 

われわれ職人にとっては

あまりに当たり前すぎることだったので

 

これまで

あまり触れなかったですが、

 

私達の当たり前は

みんなの当たり前じゃない!

 

そう

改めて気付かされる出来事でした♬

 

 

なので、

今日はそんな

太鼓の皮「背骨」についての

 

お話しをできるだけ

分かりやすく!

 

かつ、詳しくご説明します!!

 

まずそもそも!

★太鼓の皮というのは

一頭の大きな皮から裁断します

 

よって

大太鼓になると

 

この一頭の皮の

ほぼまるまる全てを使って作る事になるので

 

こんな感じで

裁断するんです↓↓

 

 

こうやって見てもらったら

分かる通り、

 

背骨を中心にして裁断するので

 

太鼓の中心に

うっすらと「線」があらわれます

 

これが背骨の跡なのです!

太鼓の中心にうっすらと線が現れるのが「背骨」の跡♬

 

 

よって、

大きな太鼓を作るときは

 

必ず背骨は、

「ど真ん中」にくるように

 

作ります!

 

 

そうじゃないと、

 

左と右で

 

叩いたときに

皮質とか厚みが違ってしまうので

 

左右で音のバランスが悪くなってしまうのです♪

 

こういう事です↓↓

 

 

もし、

この背骨が「真ん中」じゃなくて

 

斜めに入ってしまうと

こんな感じになってしまうのです↓↓

 

こういう状態で叩くと、

 

左と右で

叩く位置の皮質が

 

大きく変わってしまうのです、、、

 

ということは、

左と右で「音」のバランスが

 

常に全然ちがう状態で

叩く事になってしまう、、、

 

これでは

良い演奏、よい響きはうまれません。

 

 

 

さらにさらに!

もっとマニアックなお話をさせてもらうと

上下も大事なのです!

 

 

上下というのは、

 

どちらが「頭側」で

どちらが「お尻側」になるかってことです。

 

お尻の皮というのは、

動物はみな厚みがあって

 

非常にしっかりとしているので

 

大太鼓には最適な部分です♬

 

 

一方、

頭の方の皮というのは

 

お尻の皮に比べて

薄いので、

 

他の種類の太鼓には

向いていても、

 

大太鼓には不向きなのです。

 

何が言いたいかと言うと、

 

背骨が例え「ど真ん中」に

来ていても

 

これだと「逆」だということです↓↓

 

 

これは常に、

叩く位置にくる部分が

 

頭の方の薄い皮になってしまうので

ダメです×

 

 

だから、

 

★背骨は中心に

★お尻側が下にくるように

 

これが正解の置き方、作り方となります♬

 

 

よって、

「巴」を入れて欲しいという

 

ご要望がある時は、

 

 

かならずこういう風に

背骨を中心に、

 

お尻側を下にして

巴を入れるようにしています♬

 

 

 

皮は主に

当店では国産の黒牛という

 

肉牛を使いますが、

 

みなさんが食されるときだって

 

・ハラミ

・カルビ

・ロース

・ヒレ

 

など、

 

同じ一頭の牛であっても

お肉の種類や質が違うのと同じで、

 

皮も

お腹や肩、お尻、、、

 

裁断する部位によって

厚みや、質も全然ちがうんです!

 

 

 

だから、

そういう事も常に考えながら

 

その時、そのとき

 

一番その太鼓にあった

最適な場所の皮を選んだり、、

 

演奏のスタイルを考えた

作り方をしないと、、

 

せっかく作っても

良い音にはならないのです♬

 

 

今日は「背骨」についての

お話しでした♬

 

最近、

なんだか

 

こういう事を

聞かれる場面が少しずつ増えてくるのを

 

すごく実感するので、

 

今後も

みなさんのお役にたてるような

情報をどんどんお伝えしていきますし、

 

逆に、

何か聞きたいことなど

 

あれば

なんでもお気軽にご相談ください!

 

私のお伝えできることでしたら

何でもお答えします!

 

では!

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

関連リンク

  • 三六-SABUROKU-

    <3尺6寸> こんな大太鼓セットが欲しかった!!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ