六代目ブログ

伝統発信ブログ

五十嵐さん家の天然秋田杉♬

こんにちは、六代目彌市です!

昨日、開催されました
今年の「オンライン夏祭り」♫

カタチこそ変わってしまいましたが
無事に今年も「祭り」が開催できたこと

本当に感謝しております!

そして、

今回の私たちの挑戦を
「祭人魂」さんが取材くださったので

東海テレビにて放送していただけます!

 

また、こちらの放送日程など

詳細はあらためてご連絡させていただきます!

お楽しみに♪

 

 

五十嵐さん家の天然秋田杉♬

 

 

さて、今日は太鼓作りの

「素材」についてのお話しをさせていただこうと思います♬

 

料理人が「美味しさ」にこだわって

「食材」を追求するように、

 

我々、太鼓職人も「音作り」にこだわって

「素材」を追求するのです♬

 

 

感動的で美味しい料理をいただくと、

きっと

 

また、そのレストランへ

足を運びたくなるように

 

我々の「音作り」も

「良い音」さえ作る事ができれば

 

必ずやその仕事は「次につながる」

そう信じていますので

 

「素材」にこだわることが

本来の目的ではなく

 

「良い音づくり」にこだわった結果

→そのためには「良い素材」が必要だと気付いた♬

 

という事です。

 

伝わってますでしょうか。

 

なので、

 

言ってしまえば

音作りにこだわる「素材」の話しというのは

我々「作り手」目線のこだわりであって

 

実際に太鼓を使っていただく
演奏者の方々のこだわりじゃないので

 

 

別にそんな話し

どうでもいいよって言われればそれまでです( ;∀;)

 

 

なので、

この先の話しは

 

料理人がどんな「素材」にこだわって

この「美味しいごはん」が生れてるのか?

 

そんな話しが気になる方のみ

読んでくだされば幸いです(^^♪

 

 

五十嵐さん家の天然秋田杉♬

 

 

私たち、三浦太鼓店の桶太鼓の胴は

主に「秋田杉」を使って作ることからスタートしました。

 


2016年より挑戦をはじめた自社での桶胴づくりは「秋田杉」からスタート♬

 

 

なぜ?秋田杉だったのか?

 

その理由はカンタンで

2016年以前に当店の『桶胴』を一手に製作くださっていたのが

 

秋田伝統工芸士であった
今は亡き「五十嵐 修」さん。

 

この方が手掛けられた桶胴こそ

自身で買い付けされて作られていた

『秋田杉』の桶胴だったんです♬

 

 

まぁとにかく、五十嵐さん

作ってくださる桶胴はピカイチだったんです♬

 

今は亡き「秋田伝統工芸士」五十嵐 修さん↑↑

 

 

何がピカイチって言えば

完成した製品の美しさはもちろんのこと!

 

我々が、その作っていただいた

「桶胴」にひとたび皮を張ってみれば

 

そこから奏でられる「音」

とにかく素晴らしかったんです♬

 

 

わたしは

すばらしい音、

感動的な音のことを

 

「活きた音」と表現し

私たちの『音づくり』の基盤にしています♬

 

 

 

 

その中で、

五十嵐さんの作ってくださった「桶胴」の音というのは

 

長年、太鼓作りに励む我々ですら

『感動』してしまうほどの音だったので

 

 

今でも、私は

憧れた五十嵐さんの背中を追っているのです♬

 

 

 

ご本人にお会いできたのは

人生で、たった一度切りでしたが

 

この時、伺ったのが

『素材』である『秋田杉』のお話しでした。

 

五十嵐さん自身、

自らが『原木』から秋田杉を買い付けていること♬

 

そして、

 

秋田杉というのは、

木目が非常に細かく気質が優れている事を

教えてくださいました。

 

 

杉の木といのは

ご存知日本中どこでも生えてますが、

 

寒さの厳しい秋田では

木の成長が遅いので同じ樹齢の木であっても

 

『年輪』が細かくて密に育つそうなのです。

 

ここに、ごくごく一般的に

各地に自生している杉と秋田杉の木目を比べてみました♬

 

この違い

みなさんにも分るでしょうか?

 

 

 

 

どちらが「秋田杉」であるか?

 

答えは言うまでもなく歴然としているので

あえていいませんが、

 

これほどまでに違うのです。

 

なるほど~な!

 

だから、五十嵐さんの作ってくださる桶胴は

見た目の美しさだけでなく

 

太鼓にしたときの『音』がいいんだ♬

 

 

五十嵐さん亡き後、

自社での桶作りを挑戦していく中で

 

迷わず、私はこの『秋田杉』を使うことにし

 

今では、毎年10月に

五十嵐さんの奥さんが原木買い付けを

お手伝いしてくれているのです♬

 

 

 

昨年10月秋田へ行って買い付けた

樹齢115年の秋田杉の原木は
細かくて美しい木目が特徴♬

↓↓↓

 

いつも私が買いつけてくる原木というのは

樹齢100年前後の『秋田杉』なのですが

 

 

実は、秋田杉の中にも

2種類あることをご存知でしょうか?

 

それが、

『秋田杉』『天然秋田杉』の2種類なのです♬

 

 

『秋田杉』というは、いつも私が買いつけてくる

樹齢100年前後のモノで実は『植林』された木なのです。

 

一方、

『天然秋田杉』というのは

平均樹齢が200~300年と言われ

 

国が保護しているので

台風で倒れた、、

道路拡張工事でやむ終えず切らなければならない、、、

 

などと言う特別な事情がない限り

市場に出てくることはほとんどないのです。

 

 

私も、桶作りをするようになるまで当然

秋田杉にも天然と植林があるなんて

 

全く知らなかったのですが、

だんだんと素材の学びを深めていく中で

 

そういう事がわかってきました。

 

五十嵐さん自身が

我々に手掛けてくださっていた桶胴も

 

天然ではなく『植林』の秋田杉でしたが

それでも樹齢100年前後、

秋田という環境で育まれた『秋田杉』は本当にすばらしかったのです♬

 

 

通常の桶胴は樹齢100年前後の植林『秋田杉』です♬

 

ここから話しは

進んでいくのですが、

 

先日、そんな五十嵐さんの工房へと
お邪魔した時に

 

五十嵐さん奥さんが

 

お父さんが特別な時しか使わないと

大切にしまってあった『天然杉』があるから

 

三浦さん見たらいいと

屋根裏の工房を教えてくださったんです♬

 

その時の動画がこちら↓↓↓

 

 

何度も言いますが、

いつも買い付けている樹齢100年前後の秋田杉

 

これだけでも十分にすばらしい素材なのですが

 

それを知っている我々ですら

驚いてしまうほど( ;∀;)

 

『天然』の秋田杉は更に更に!

すばらしい素材だったのです♬

これが天然の秋田杉↑↑

 

 

三浦さん、

お父さんが長年桶作りをするなかで

 

特別な時に必要になるからと

大切にとってあったんです。

 

良い材料というのは

 

こうやってしまってあっても

もったいない、、、

 

使ってもらって

みなさんに喜んでもらって始めて材料として

 

『価値』が生まれるから、、、

三浦さんどうか使ってほしいです。

 

と、おっしゃってくださり

 

なんと、なんと

この貴重な天然秋田杉を五十嵐さんから

お譲りいただく事になったのです。

 

いただいた貴重な材は

限りある素材ですのでたくさんは作れませんが

 

今後、この贅沢な天然秋田杉を使って

桶太鼓づくりしたいと思ってます♬

 

その流れで

もう一つお伝えしたいのが

 

先日から話題になってる

『神代杉』なのです!

 

 

実は、この神代杉は

 

2500年前当時に

樹齢300年前後の天然の秋田杉が埋もれたモノなので

 

ただでさえ貴重な

『天然秋田杉』がさらにさらに2500年間地中に埋もれていた!

 

というこれまた

スペシャルな素材なのです( ;∀;)

 

 

だからこそ、

私たちは「神代杉」にも

太鼓の素材としての価値をとても大きく感じているのです♬

 

 

 

 

食材が変われば味が変わる。

太鼓も素材が変われば当然『音』が変わります。

 

 

それも、同じ材であっても

『産地』や『環境』によって音が変わるって

めちゃくちゃ面白いな(^^♪って思ってます。

 

 

だから、

今では秋田杉だけにこだわらず吉野杉や

杉以外の材質を使って

 

いろんな太鼓作ってみながら

様々な『音作り』にチャレンジしています♬

 

今日は、我々が日々向き合っている

『素材』のお話しでした。

 

素材を活かすも殺すも職人次第。

 

良い素材に出会えば出会うほど

自分たちの『技』も磨かなければなりません。

 

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

関連リンク

  • 担ぎ桶太鼓・桶胴太鼓

    <1尺6寸・1尺5寸・1尺4寸> 個性豊かな担ぎ桶太鼓!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-64-6785

トップ