六代目ブログ

修理・張替

伝統発信ブログ

平成最後の三六-SABUROKU-です♬

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

 

平成最後の三六-SABUROKU-!!

 

さて、

平成もいよいよ残すところ

カウントダウンとなってきましたね♬

 

最近では、

平成を彩って活躍してきた歴史を

振り返る番組なんかがよくやってて

 

懐かしいな~と♬

いろんな事を想い出してます!

 

そして、

 

そんな平成に生まれて

三浦太鼓店として、

 

まさにその大きさのように

大きな存在感となってそだってくれた

 

看板商品である

三六-SABUROKU-!!

 

平成最後の納品となりました♬

平成最後の三六-SABUROKU-納品♫ 静岡県足久保太鼓様

 

 

 

 

思い起こせば、

平成19年。

 

私が24歳の時

立ち上げた和太鼓零~ZERO~♫

 

それまで私は

太鼓こそ作っていたものの、、

 

まったく太鼓は叩いたことが無くて( ;∀;)

 

初心者から、、、

バチを握るところからのスタートでした。

バチを握るところからスタート♫

 

 

 

それでも、

太鼓の魅力に気付くまでには

それほど時間はかからなかったというか、、

 

むしろ、

おおくのみなさんと同様で( ;∀;)

 

叩き始めた瞬間から

太鼓の魅力へどっぷりと引きづり込まれていきました(笑)

 

そんなこんなで

はじまった演奏活動♬

 

最初は基礎を覚えることに

必死でしたが、

 

だんだんと上達するにつれて

「欲」がでてくるんですよね( ;∀;)

 

はい、

一番最初に私がほしい!

 

そう思った太鼓が「大太鼓」♫

 

だったのです。

 

でも、

当時、三浦太鼓店には

レンタルで共用して使ってた

 

1尺5寸の長胴太鼓しかなくて、、、

 

大太鼓は一台もなかったんです。

 

そこで、

どうしよう、、

 

大太鼓欲しいけど

太鼓屋と言えども、、

 

くり抜きの大太鼓なんて

コストもかかるしカンタンに作れない、、、

 

また、普段の練習や

イベントなどにも持ち運びたいし、、

 

運搬、保管が

不便だと、、、

 

せっかく作っても意味がない、、、

 

 

あれこれ考え、

 

当時指導してもらっていた

先生にもいろいろ相談した結果、、

 

「桶」がいいんじゃない??

 

そんなアイデアをもらいました♬

 

桶か~!!!

 

なるほど、

 

桶なら確かにくり抜き太鼓に比べたら

格段にコストも抑えられるし、

 

大きさも自由がきくし、

 

何より軽くて運搬や保管に便利だ!!

 

そこから

第一号機の製作に取り掛かっていきました♬

 

第一号の製作。当時は桶は自社ではなかったので皮のみ製作♫

 

 

 

 

ご存知、

当時は、当店では「桶」の胴は

作れなかったので、

 

「桶職人」さんのチカラを借り

 

作っていただいた桶胴に

皮を張ることで第一号を完成させました♬

 

これが、まだ台も試作で

塗装してなかったけど、

 

三六-SABUROKU-が

誕生した記念すべき1号です↓↓↓

 

 

あのゆさくんが初めてバットを握った瞬間♫

 

 

 

さっそく、

零~ZERO~の練習にもちこんで、

 

メンバーにいろいろ

試してもらいながら音をチェックして、、、

 

 

 

 

 

 

正直なところ、

当時は「カタチ」としては完成したけど、

 

「音」としてはまだまだ

大太鼓としての満足な「響き」は

 

出せなかったんです。

 

そこから、

試行錯誤を何度も何度も繰り返しました、、、

 

すべては、

この「想い」ひとつからはじまったのです。

 

 

 

 

 

 

こんな大太鼓があったらいいな~、

こんな大太鼓が欲しいな~、、、

 

 

バットでも打ちたい!

 

 

 

やぐらでも打ちたい!!

 

 

 

 

 

何より、

その見た目と存在感、音が

与えてくれる影響力が欲しかった、、、

 

 

 

 

 

 

 

ここで一つ

裏話をしてしまうと( ;∀;)

 

当時は、実は

自分たちがチームで使いたい、

 

自分が使いたい為の太鼓を

勝手に作っただけだったので、、

 

あくまで「商品」として

作ったわけじゃなかったのです( ;∀;)

 

 

それが、

いざ一号を作ってみたところ、

 

 

その太鼓いいですね!

 

って、

私にも作ってもらえませんか?

 

って( ;∀;)

 

そう言ってもらえて

 

それが、

かれこれおかげさまを持ちまして

 

全国各地、北は北海道

南は九州、

 

遠くはハワイ、アメリカ、

デンマークまで

 

その響きが広がっていったのです(^^♪

 

 

 

 

 

私達にとっては、

この太鼓のおかげで「桶」という

 

今の私たちの最大の武器に

つながっていますし、

 

三浦太鼓店にとっては

平成の大発明!!

 

次の世代へつながる大発明と

なったことは間違いないのです♬

 

 

そして、

1号の製作依頼

 

つねに製品の品質や

 

自分たちが「理想」とする

「音」を追い求め続けていて、、

 

その革新の歩みは

発売以来、とめることはありませんでした。

 

 

★桶胴づくりを自社で、、、

 

1号で作れたのは

「皮」のみ。

 

桶胴は作れない、、

 

これまでの歴代は、

桶の胴は桶職人さんの手を頼ってきましたが、、

 

この三六-SABUROKU-の活躍から、、

 

これからの時代を考えた時、

「桶太鼓」の可能性はもっと広がる、、、

 

自分達で、桶胴が作れるようになる事で

もっともっと「音」づくりにこだわった

製品がつくれる、、、

 

そう思って

2016年から始めたあらたなチャレンジが

 

自社での桶作り♬

2016年から師匠のもとではじめた桶胴づくり♬

 

 

おかげさまで、

もちろんまだまだ始まったばかりで

先の長い道のりですが、

 

少しずつ確実に

「前」へと進むことができ、

 

今では、

桶胴、皮、塗装、縫製カバーと

 

この三六-SABUROKU-に

関するすべての工程を自社の職人が

 

自分たちの手で一貫して

製作できるようになりました♬

 

自分達でできるということは、

とても大きなことで、

 

太鼓にとって

何が一番よいか、、

 

 

使い手にとって、

何がいちばん使いやすいのか??

 

そんな課題を、

即座に反映させアップデートすることが

 

できるのです。

 

わずか1ミリの修正だったり

目にみえないバージョンアップを

積み重ねて、

 

今の三六-SABUROKU-があるのです♬

 

 

 

 

 

だから、

これまで作った三六-SABUROKU-

ひとつとして、

 

同じ三六-SABUROKU-はないのです♬

 

 

経営の神様と称される

京セラの創業者である稲森和夫さんが

 

こんな話をされていましたので

その一文を紹介します↓↓

 


「夢」

 

目はいくら空の高いところを見ていても

足は地面を踏むことしかできません。

 

 

夢や望みはいかに高くても

 

現実には、地味で単純な仕事を

 

毎日コツコツと、、、

積み重ねるほかないのです。

 

 

昨日の仕事を一ミリでも前に進める

 

 

人生とは、

今日一日の積み重ね

 

「今」の連続

 

今、この一秒の集積が

一日となる。

 

その

一日の積み重ねが

一週間、一か月、一年となって

 

気がついたらあれほど高く

 

手の届かない山頂に

立っていた。

 

 

 

 

千里の道も

一歩から

 

どんな大きな夢も

一歩一歩、、

 

一日一日の積み重ねの上に

やっと成就する

 

 

だからこそまずは、

今日一日を充実させることに力を

注いだ方ぐこと

 

それが結局

夢を現実のものとする

最前の道なのです

 

稲森和夫


 

 

これからも、

これまでと同じように

 

 

一歩ずつ歩んで

いきたいとおもいます♬

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

関連リンク

  • 三六-SABUROKU-

    <3尺6寸> こんな大太鼓セットが欲しかった!!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ