六代目ブログ

商品情報

お知らせ

担ぎ桶専用のキャリーケースできました♬

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

【担ぎ桶太鼓専用キャリーケースできました♬】

 

さて、

 

おかげさまで

今、三浦太鼓店では

 

さまざまな事が

自分たちの「手」で出来るように

なってきましたが、

 

実は、

ほんの数年前までは

できなかった事がほとんどなのです。

 

 

2016年から始めた

桶作りだったり、

 

↑2016年から自社での桶作り開始

 

 

完成した胴を

美しく!仕上げてくれる

 

塗装の技術だったり、、

 

 

また、

太鼓を大切に運搬するのに

 

欠かすことのできないカバー!を

 

さらに独自の視点と

アイデアとデザイン力で発展させてくれた

たくちゃん♬

 

 

これらの技術は、

ほんの数年前までは

 

 

実は外部の職人さんの手を

頼ってやってもらってたのですが、

 

 

いずれの職人さんも

時代の流れと共によく聞く

 

「高齢化」と「後継者不足」の問題が

かさなってしまって、、、

 

 

このままだと

この職人さんに頼りきってしまっていると

 

自分たちの近い将来に訪れる

不安な「未来」が見えていたのです。

 

 

だから、私たちはその先人たちの

すばらしい技術を守るために

 

自分たちの「手」で守るという

決断をしたのです。

 

おかげさまで、

これまで外に出していた技術を

 

内製化することで、

「人材」と「場所」が必要となって

 

今の三浦太鼓店があるのです(^^♪

 

 

 

いかんいかん!

 

ついつい前置きが長くなって

しまいました( ;∀;)

 

いつもの悪い癖ですが(笑)

 

 

 

そんな「技術」が

少しずつ積み重ねてこられたお陰で

 

今、わたしたちは

さまざまなお客様からの要望に

 

カタチとして応えられるように

なってきたのです♬

 

 

つい先日も、

こんなお問い合わせがあったので

 

早速たくちゃんに

相談してみたところ♬

 

あっという間に

こんな想いを「カタチ」にしてくれました( ;∀;)

 

動画で紹介↓↓

 

これからも

お客様のお困りごとを

 

「カタチ」にして役に立てる♬

 

そんな

太鼓店でありたいと思っています!

 

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

関連リンク

  • カバー:彩

    色彩豊かなナイロン布地のカバー

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ