六代目ブログ

伝統発信ブログ

新しい時代を生きる道しるべ♬ありがとう、ありがとう。

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

【新しい時代を生きる道しるべ♬】

 

さて、

新しい時代の幕開けと共に

 

私たちもそうですが

きっとみなさんも

 

これから来る未来に

大きな「夢」や「希望」を持って

過ごしていると思います。

 

 

「未来」は決して

目に見えないから「未来」であって

 

見えないという事は

「期待」や「希望」と同時に

 

そこには「不安」も生まれると思うのです。

 

そんな私が日々

漠然とした「未来」に対して

 

どう立ち向かっているかと言うと

一つの心のより所にしている言葉があるんです。

 

 

それは、

「温鼓知新」

 

正確には「温故知新」ですが、

「故」を→太鼓の「鼓」と文字って使う事で

 

 

受け継がれてきた「モノ」と「考え方」を

一緒に大事にしていこうと自分に言い聞かせているんです。

「温鼓知新」という考え方を大切に。⤴

 

 

 

意味は、もうみなさんご存知の通り

 

故きを温ねて新しきを知る

 

という意味ですが、

 

私は、全然むつかしく捉えてなくって

 

例えるならば、

婆ちゃんの「知恵袋」みたいなモノだと

思ってます(^^)

 

 

昔から伝わる「婆ちゃんの知恵袋」って

 

みなさんの家庭にも

そんな代々言い伝えてこられた

 

生活の知恵だったり

考え方だったり

 

絶対ありますよね!

 

 

昨年亡くなってしまった

じいちゃん亡きあとの太鼓店を

守り続けてくれた大正12年生まれの祖母の口癖は

 

 

ありがとう、ありがとう

 

でした。

祖母の口癖は、ありがとうありがとうだった⤴

 

 

 

人間長いこと生きていれば

いろんな事が日々おこると思うんです。

 

 

ちがうな、

ばあちゃんの場合は

 

96歳という長い時間

生きてこられたからこそ、

 

きっと、

「生かされている自分」

「生かしてもらっている自分」に

 

心から感謝していたんだと思います。

 

 

そんな婆ちゃんの元気だったころの

日々の日課と言えば、

 

庭で育てた「花」を

ご先祖様の仏壇にお供えすることでした。

ばあちゃんの日課⤴お仏壇に花を供えること。

 

 

 

まるまった背中で、

だんだんとボケてきても

 

 

不思議なことに

仏壇のお花だけは見事な仕上がりっぷり!

 

見事な仕上がりっぷり⤴

 

 

いつも、見るたびに

感心するばかりでした。

 

 

 

日々、生かされていることに

心から「感謝」すること。

 

大切な

命をあたえてくださった

「ご先祖様」に日々感謝する事というのは、

 

 

ばあちゃんが

毎日のようにお経のように唱えてた

 

ありがとう、ありがとう

 

という言葉から

にじみ出ていました♬

 

 

 

私たちには、

 

こうやって

・生きるヒント

・生き方のヒント

 

を教えてくれる偉大な先人たちが

たくさんいるんです♬

 

 

だから私は

迷ったら常に「温鼓知新」

 

 

1人でモンモンと

悩んで悩んで、迷宮に入るくらいなら

 

 

いかなる困難な時代をも

切り抜けてきた先人たちの知恵から

学ぶことは、とても理にかなっていると思うんです。

 

 

 

読むことが得意でないので

そんなにたくさんは読めませんが

 

「本」を読むこととは、

そういう事だと思ってます。

MEETS ME→三浦和也という男より♬

 

 

 

実は、今年

 

「本」とまではいきませんが

 

ずばり!このタイトルで

私たちが学び感じさせてもらった「知恵」を

 

「小冊子化」しようと思ってます♬

 

これは、ひとつ

「つなぎ役」としてこの時代に生まれた

 

私の役割かなと思って

カタチにして残そうと思ってます。

 

またできたら

みなさんにお配りしたいとおもいますので

 

たのしみに

待っていてくださいね(^^♪

 

 

さて、

今日もお墓参りや親せき廻りと

 

あちこち出かけて来ます~♬

 

 

ひきつづき

すてきなお正月をお過ごしください(^_-)-☆

 

 

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ