六代目ブログ

伝統発信ブログ

味噌六太鼓

舞うぞ~♬

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

【舞うぞ~♬】

 

さて!

いよいよ始まった

 

新3号による味噌六担ぎ上げ!!

 

今年は

梅雨明けと

台風一過の温かく湿った南風が

 

ダブルでやってきて( ;∀;)

 

とんでもない暑さの

令和最初の新3号初担ぎとなりました!

 

 

それでも、

少しでも気温が上がらない時間に

 

太鼓台の準備をしようと

早朝5:30から男たちは集合!

 

 

早朝からこのテンションです(笑)

 

わんパーク会場に着くと

予想通り

 

前日の台風の影響で

締めった芝からの熱気がドンドン上昇してきて( ;∀;)

 

 

そんな暑さのなかでも

 

ひとたびスイッチ入れば

祭り男たちはこの表情!

 

 

 

 

暑さを忘れて

必死で太鼓台の準備にかかる姿が

なんともかっちょいいのです( ;∀;)

 

 

ありがたかったのは、

こんな熱さに負けないようにと

 

わざわざ送ってくださった

岐阜県各務原市にあります

 

桃太郎製菓さんの塩アメ!!

 

おかげさまで熱中症対策を

バッチリしながら作業進めることが出来ました♬

 

感謝!!

 

 

また、

今年も個人様から企業様まで

 

本当にたくさんの方々から

味噌六太鼓台へご協賛いただきましたので

 

みなさんからいただいた

「願意」が成就するようにと!

 

太鼓台につけさせていただきました♬

 

 

こうして、

新三号の味噌六太鼓台が

 

こんな立派に初披露となりました♬

 

 

1年目は、

この太鼓台を組み上げるのに

 

まるまる1日かかってたんですが( ;∀;)

 

おかげさまで、人も増え

役割分担もできて

 

なんと!

3時間で組み上げ完了できちゃいました♬

 

本当にすごいです!

 

そして、いよいよ

気温も気持ちも最高潮に高まった

 

午後13:30♬

 

新三号の初担ぎとなりました!

 

今年の一番の見どころは!

 

何と言っても

新技の「舞い」!!!です(^^)/

 

これは、

昨年、担ぐことはできないけど

 

女性は女性の役割がある!

 

と、、

 

味噌六太鼓台の安全と

世界の平和を「祈り唄」というカタチに

 

してくれた女性陣により「舞鼓隊」の

演奏からつながって

 

できた新技なのです!!

 

これで、

舞鼓隊と味噌六太鼓台が

 

より一体感を増して

つながることができたのです♬


いよいよ残すは

8月2日の金曜日20:00からの

総担ぎ!!

 

 

 

今年は、新3号と1号の

2台による担ぎ比べとなります!!

 

みなさんぜひとも

担ぎに、また応援に来てくださいね♬

 

 

また、味噌六新3号は

 

わんパークでの担ぎ上げ終了後に

今日まで岡崎のイオンにて

展示されてます♬

 

明日の7/31日㈬の夜

18:00~は

 

イオンの屋外駐車場にて

泰平踊りがございます!

 

今年は本場郡上踊りの方々が

ゲストで演奏にも来てくださるので

 

こちらもますます盛り上がりそうです!

 

みなさん明日は

イオンへ浴衣を来て集合ですよ!!

 

いよいよ始まった

2019年の家康公夏まつりは

 

今年の暑さに負けない熱で!

駆け抜けていきたいと思います~♬

 

 

みなさんも

熱中症だけにはくれぐれもお気をつけて

 

この夏を乗り切っていきましょう♬

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

 

関連リンク

  • 味噌六太鼓

    春から夏にかけて

    地元岡崎の「八丁味噌」の仕込み桶として150年以上使われた古い桶を再利用して、 六尺六寸(直径約2メートル)の大太鼓作り、岡崎の新たな祭り文化を生み出す一大プロジェクト! こんにちは、六代目彌市です。 仕事柄、全国各地の多くの祭り...

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ