六代目ブログ

味噌六太鼓

伝統発信ブログ

「味噌六太鼓プロジェクト」中部の未来創造大賞受賞いたしました♬たくさんの「感動」をありがとう。

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者であり経営者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

いよいよこの春4月から

新店舗へと移転します!!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代になっても

人々から求められる「音作り」をめざします♬

 

【「味噌六太鼓プロジェクト」中部の未来創造大賞受賞いたしました♬

たくさんの「感動」をありがとう。】

 

さて、このたび

我らが「味噌六太鼓プロジェクト」が

 

第20回中部の未来創造大賞

「優秀賞」ならびに「中日新聞社賞」という

 

大変栄誉ある賞をいただくことができました♬

中部の未来創造大賞「優秀賞」ならびに「中日新聞社賞」

 

 

 

今回のノミネートされた総勢35団体の活動のなかでも

「味噌六プロジェクト」の活動はとても異例でしたが、

 

それでいて、

大賞につづく「優秀賞」を得られたという事は

 

 

それだけ、評価されるべき「光る」モノが

あったからだと実感しています。

 

 

 

では、

なぜ??

 

ここまで評価していただくことができたのでしょうか?

 

 

あらためて、

これまでの活動を振り返って一言で結論づけてしまうとすれば、

 

私はこれにつきると思うのです。

 

 

 

 

 

【。。。。。。。。。。。】

 

 

 

 

と、まぁ

そんなかっこよく一言で

 

まとめる事なんて、

できるわけないじゃないですか( ´∀`)

 

 

私だって、

何がどうしてこうなったのか?

 

よくわからんのですよ(笑)

 

 

最近は、

情報化がどんどん進んで、

 

人生の「学び」を深めようと思ったら

世の中には、

 

「テクニック」や「スキル」を教えてくれる

 

いわゆる

 

「成功」の法則

 

みたいなのが溢れています。

 

 

確かに、誰かが辿った

「成功体験」を学ぶことで

 

自分の人生の役にたつことだって

たくさんあるし、

 

それを否定する訳ではありませんが

 

 

果たして本当に

その「成功」は、

 

本当の幸せと結びついているのか??

 

 

受賞式を終えて、

岡崎の祭りを

 

この人以上に愛する人はいない!!

 

そう断言できる本多さんのメッセージが

 

どんな成功事例よりも

学び深い言葉だと感じたので

 

 

今日は、それを紹介させていただきます♪( ´▽`)

 

 

 

以下本多さんメッセージ

 

ーーーーーーーーーーーーーー

百年以上も前に八丁味噌を仕込んだ職人や、

桶を作った職人が、

 

百年後に「太鼓」に生まれ変わり

岡崎の賑わいを作ろうなど誰が想像したでしょうか?

 

 

 

この「浪漫」と「有志」と共に、

【味噌六太鼓で一つになる!】をテーマに、

 

岡崎城下家康公夏まつりに向け作り上げてきました。

 

 

 

 

担ぎ上げだけでなく、

廻り太鼓や岡崎泰平おどり(旧五万石おどり)そして、

家康公生誕祭など、

 

多くの皆様と一つになり感動を分かち合い岡崎愛を育みました!

 

 

 

 

その「味噌六太鼓」は、

今や岡崎だけにとどまらず最近では、

 

横浜大太鼓祭りにて全国各地からプロの大太鼓打ちが、

味噌六太鼓で技を競い合うまでになりました。

 

 

 

多くの皆様に支えられて心から感謝いたしますm(_ _)m

 

 

味噌六太鼓で、《楽しい!》《嬉しい!》

そして、

さらなる感動をもって

恩返しが出来るよう頑張ってまいります(・ω・)ノ

 

本多秀行。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、私は思うのです。

 

 

本当の人のしあわせって

シンプルだよなって。

 

 

評価してもらえることや、

お金を稼ぐこと、

 

人から認めてもらうことや、

自分自身が成長し続けること、

 

 

置かれた環境で

社会や世の中の役に立ち続けること、

 

 

どれも、もちろん大事。

 

 

 

でも、

それもこれも全ては

 

 

この世に生を授かり、

人との出会いやご縁に支えられ、

 

「愛」に育まれ、

 

「今」この瞬間

生きているからこそ得られる感覚。

 

 

ときどき、ケンカもするし

分かり合えない価値観もあるけど、

 

 

それも生きてる証拠。

 

 

たくさんの事を与えて

皆さまに心から感謝いたします♬

 

 

 

 

さて、

 

本多さんのメッセージのように

 

「感動」をもって「恩返し」をする事が

これからの「味噌六」の役割だと

 

私も思うので、

 

皆様と共に、

この生まれた「感動」を

 

これからも育んで生きたいと思います。

 

 

本当に、

本当にありがとうございました♬

 

関連リンク

  • 味噌六太鼓

    春から夏にかけて

    地元岡崎の「八丁味噌」の仕込み桶として150年以上使われた古い桶を再利用して、 六尺六寸(直径約2メートル)の大太鼓作り、岡崎の新たな祭り文化を生み出す一大プロジェクト! こんにちは、六代目彌市です。 仕事柄、全国各地の多くの祭り...

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-64-6785

トップ