スタッフブログ

吉野杉をみて

こんにちは、かねごんです!

 

先日、三浦太鼓店の男性メンバーで

「吉野杉」という杉の木をみるために

 

奈良県吉野郡川上村にいってまいりました!

 

 

僕は皮職人なので三浦の桶太鼓の胴は

 

杉の木でできていること

 

くらいしか知りませんでした。

 

その中でも杉の中で最近6代目が気になっている

吉野杉を見にいくということで

いい杉を見にいくんだなくらいの感覚で

視察旅行は出発しました。

 

そしていざ奈良県吉野郡川上村に到着して

現地の人に「吉野杉」についてお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の知識ゼロで聞いたお話は

ものすごく勉強になりました。

 

普段自分達が叩いている、作っている

桶太鼓の胴体の木が

どのようにできているかを知ることによって

今後の太鼓作りがより良い物になると

確信しました。

 

 

そして本来の目的である

1本の吉野杉をみに

山に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには一本一本力強くたっている吉野杉

が広がっている光景がありました。

 

その時点で僕は自然の力のすごさ

を感じその光景に感動していました。

 

そしてその光景がひらすら広がっている林を

ひらすら登って40分

 

ついに目的である一本の吉野杉を

見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢400年を超えた吉野杉。

 

見た瞬間に衝撃を受けました。

 

他の木とは明らかに違うその存在感。

もちろん大きさが違うから存在感も

違うのだとおもいますがそれだけでなく

他の木にはない何かがあるように感じました。

 

この一本の吉野杉をみて

400年生きてきたその真っ直ぐな姿を見て

僕もこんな吉野杉のような生き方をしたい

と思いました。

 

一目見ただけでこんなにパワーを

もらえるものに出会ったのは初めてでした。

 

色々なことを感じられる

自分を見つめ直す

 

貴重な体験ができた視察旅行でした。

 

以上かねごんでした!

 

この記事を書いた人

  • 金浜 慶太(カネゴン)

    金浜 慶太(カネゴン)

    (1999年1月31日岐阜生まれ。ザB型。和太鼓零〜ZERO〜)
    岐阜から来たアイドル好きマイペース少年!!
    締め太鼓や桶太鼓の皮を作っています!自分の作った太鼓を好きなアイドルに叩いてもらうのが夢。地元岐阜でも岡崎のように太鼓がさかんな町にしたい!

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ