六代目ブログ

伝統発信ブログ

「アート」&「和太鼓」という挑戦♬

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者?

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

【アート✖️日本文化】

 

今朝は、浅草のホテルで

お目覚めです^ ^

 

 

昨日から、

千葉→東京→栃木へと

 

一人出張の旅をしております〜♬

 

 

出張の「目的」は、

いろいろとありまして!

 

 

お世話になっている

お客様に直接会って「声」を聴き、

 

その土地、その土地ならではの

「不満」や「不満」

 

また、土地が変われば文化が変わる。

文化が変われば「ニーズ」が変わる。

 

 

何を求められ、

何を必要とされているのか?

 

 

より、寄り添った提案が

何かできないか?と

 

こうして実際に訪れてみると

本当に肌で感じる事ができます。

 

 

今の私、

六代目としての役割は、

 

モノ作り=経営

 

だった職人の時代から

 

コト作り=経営

 

へと、、

 

ただモノを

作り続けるのではなく、

 

太鼓を通して「役立てる」コトって

何だろう??

 

と、常に自問自答する

コトだと感じています。

 

 

 

そして、

我々の職人としての役割が

 

少しずつ変化する一方で

日本の「文化」を今度は

 

どう表現するのか?

 

と言った

「アーティスト」の表現も

広がってきています♬

 

 

昨夜、浅草花劇場で行われた

紺夜-KOOYA-さんの公演♬

 

浅草花やしきに隣接される花劇場⤴︎

 

『紺夜(KOOYA)』とは、

「浅草発・世界へ」をコンセプトに、

 

画家・小林舞香さんが総合プロデューサーとして

ダンスパフォーマンスショー

「春夢共鏡」をベースに

 

若き才能が集う集団です。

 

先日はパリでの公演を成功させた『紺夜(KOOYA)』⤴︎

 

 

ただ、単に

日本の文化を世界にという「枠」を越え

 

そこにご自身の

「アート」を掛け合わせるコトで

 

これまでにない「革新」を生んでいます。

 

 

そんな紺夜プロデューサーであり

アーティストである小林舞香さんが

 

突然のご来店をいただいたのが

今年の春のコトでした。

 

小林舞香さん、櫻井佑樹さん⤴︎

 

 

 

もともと舞台の美術も

手がけられていた経験も活かし

演出から構成まで考える中で

 

どうしても、

使用する楽器にも

 

その「アート」の領域を広げたい、、、、

 

というのが

ご相談の内容でした。

 

 

 

 

我々としても、

これまで太鼓に「デザイン」する♬

 

 

という表現は

散々やってきたコトだったので

 

 

我々のノウハウと

小林舞香さんの「アート」が

 

掛け合わさったら

どんな太鼓が生まれるのか??

 

 

そして、

アートと太鼓という

 

新しい可能性のトビラが開かれて行ったのです↓↓

 

 

 

太鼓の曲面が

 

小林さんの手によって

アートキャンパスになり♬

 

 

素晴らしい作品が生まれました♬

 

 

 

 

そして、

昨夜、

 

完成された太鼓が

初披露されるという事で

 

舞台を拝見させていただきました♬

 

 

残念ながら、

太鼓を使っていただいている

 

シーンの写真はないですが

 

役者さん達の

素晴らしい世界観の中に

 

しっかりと「溶け込み」ながらも

存在感をかもし出していて♬

 

本当に素晴らしい舞台でした♬

公演後に記念写真♬

 

 

こうやって

若き日本の才能達が

 

新しい事に「チャレンジ」する♬

 

 

そんなチャレンジに

私たちの培ってきた「伝統」や「技」が

 

役に立てるという事。

 

 

これこそが、

私たちにとって何よりの喜びであり

 

互いの刺激となって

また新たな「革新」へと

 

つながっていくと思うのです。

 

 

公演は、今週12日の土曜まで

毎日開催されてます♬

 

公式サイトはこちらから>>>

 

本当に感動の舞台です!

ぜひ多くのみなさんにも観ていただきたい♬

 

 

 

さて、

 

これから栃木の方へ行って

我々も負けずに

 

革新的な事に

チャレンジしていこうと思ってます!

 

週末は

大きな台風がきているそうなので

 

どうか大きな被害が

出ないように願って、、、

 

今日も素敵な一日を(^_−)−☆

関連リンク

  • 担ぎ桶太鼓・桶胴太鼓

    <1尺6寸・1尺5寸・1尺4寸> 個性豊かな担ぎ桶太鼓!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ