六代目ブログ

伝統発信ブログ

味噌六太鼓

「感動」を通して人と人がつながる♬

こんにちは、六代目彌市です(^^♪

 

今年の夏祭りの余韻が

まだこの冬になっても冷めやらぬ中、、

 

すでに来年の「味噌六」3号作りの
プロジェクトが進んでいます!

 

地元岡崎の「八丁味噌蔵」は

まるや八丁味噌さんと

カクキュー八丁味噌さんの2社があるんですが、

 

これまでの1号2号は

いずれもカクキューさんの古い桶をいただいて製作

してきましたが、

 

3号機は、カクキューさんだけの桶では

若干材料が足りず困っていたところ、、、

 

まるや八丁味噌さんが

快くご提供くださいました(^^♪

 

 

これで、来年3号は

岡崎の2大八丁味噌が合体した

スペシャルな「味噌六」になりそうです(^^♪

 

 

そもそも「味噌六」太鼓というのは、

 

地元岡崎の名産である

「八丁味噌」の仕込み桶として

100年以上使われてきた古い桶を再利用して

大太鼓にしてしまおう!というプロジェクト♬

 

桶を使って太鼓を作ると言っても

実は、そのまま桶を使うわけじゃなくて、

 

使うのは桶の「底板」の部分↓↓

 

この桶を

いったんバラすとこんな感じになります↓↓

 

もともと、何トンもの負荷がかかる

底板は厚くて良い材料が使われてまして、、、

 

それを再び「板状」に細かく引き直していって↓↓

 

一から桶を作っていき↓↓

 

完成した桶胴がこちらなのです↓↓

 

この「味噌桶」が太鼓となり、

 

今や地元岡崎の祭りシンボルとなった

「味噌六太鼓台」が生まれています♬

 

 

そもそもなぜ?

このプロジェクトは生まれたのかという背景には

 

ひと言じゃ言い切れないほど

たくさんの要素がありますが、

 

私が一番作りたかったことは、

「感動」を通して人と人とがつながるコト

 

大きな感動を共有して人と人とがつながるコトができると、

 

なんだろうな~

 

創造もしてなかったようなすごい事が

起こるんですよね~( ;∀;)

 

 

その一つに、

今このプロジェクトがこの岡崎だけのモノじゃなくて

 

全国に興味を持ってもらえて

お声掛けくださる方々が増えてきたってことです♬

 

昨日は、富士山のふもと

河口湖や西湖という観光名所でも知られる地域にも

 

味噌桶ではなくて「酒樽」があって、

それを活用して同じような地域活性プロジェクトが

できないか?

 

 

というお声掛けを

地域の方々からお話しもらって

 

実際に見に行ってきました♬

 

やはり、ここにもお役目を終えた

古い桶たちがあったり、、

 

富士山のふもとで自生する

杉林があったり、、、

 

ほんとうにこのプロジェクトが

飛び火して各地で実行されるかどうかは

 

現段階では分かりませんが、

 

でも、

こうやって話をしてもらえるその事が

何より本当にうれしいじゃないですか( ;∀;)

 

実は明後日の水曜日も、

吉野杉の産地地域の

ある村役場のかたからも同じようにお話をいただき

 

奈良まで行ってきます♬

 

そういえば、今年の夏祭りの動画が

完成してましたが、

 

まだ紹介してなかったかも( ;∀;)↓↓↓


 

来年の夏も、

きっとあっという間にやってくるし

 

もうすでに、

夏本番に向けて動き出してます( ;∀;)

 

冬の間に体力つけて

夏を乗り切れるようにがんばります♬

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

 

 

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ