六代目ブログ

ブログ

伝統発信ブログ

「生みの親」と「育ての親」

こんにちは、六代目彌市です♬

年末に私から始まり、、

五代目→母と
順番にインフルになって、、

今度は妹のしほが
今日からインフルエンザです♪( ´▽`)

いよいよ
明日から子供たちの冬休みも終わるので、、

みなさんくれぐれも
お気をつけて!!

 

さて、

今日!

どうしても桶の事で
分からない事があって、、、

久しぶりに私の桶づくりの師匠に
会いに行ってきました!!

 

師匠は今年で85歳になります!

 

私が師匠から桶づくりを習い始めたのが
3年前の平成28年1月♬

 

その歳の夏に
頭の血管の病気で手術をされ、

 

その歳から
師匠は残念ながらお仕事ができない身体です。

 

あらから3年が経ち

去年は、全然師匠に

会いに行けなかったので、、

 

お元気にされてるかどうか
気になってたし、、

 

ちょうど修理に来ている
桶で、

どうやったらいいか
アドバイスもらいたかったので

久しぶりに会いに行ってきたんです(^ ^)

 

師匠は、

とにかくいつも「元気」で明るくて
笑顔が本当に素敵で優しくて、、

それが仕事をする「手」に
溢れている人です♬

 

85歳、、、

 

大きな病気をされて、

一時は病院の先生からこのまま
一生寝たきりの生活だと宣告を受けたそうですが、

 

持ち前の元気と
その溢れるエネルギーで♬

 

病院から退院され、

今ご自宅で「車椅子」ではありますが

寝たきりじゃなくて
リハビリ頑張ってます!

 

それどころか、

 

なんとか、今年の夏までには

「仕事に復帰したいんだ〜♬」と、、

 

仕事に対する情熱も

今なお失わずにイキイキ話してくれました♬

 

私の「桶づくり」は、

 

例えるなら、

「生みの親」と「育ての親」がいるんです。

 

「生みの親」は、

私が、桶づくりを始めるすべてのキッカケを

与えてくれた、今は亡き秋田伝統工芸士の五十嵐さん。

 

この人との「縁」がもしなかったら、、、

今、

私たちがこうして
「桶づくり」をすることはなかったし、、、

本当は、

この人に心から「桶づくり」を
習いたかったけど、、

それが叶わなかったという現実。

 

そこに、

現れてくださったのが、

 

「育ての親」である師匠なのです♬

 

師匠は、

地元愛知県は一色町に

3代続く桶職人の家に生まれ、

 

幼い頃から
その生業を守り続けて来た人です。

 

どちらかと言うと、

 

職人としての

「繊細さ」や「細やかさ」は

 

師匠から正直あまり感じませんが、

 

逆に、

「豪快さ」や「力強さ」

 

でも、その中に

なんとも言えない大きな愛のような

「優しさ」を感じる人で、、

 

会うたびに、「桶づくり」以上に

 

人生の「生き方」を教えてくれる
大きな大きな存在なのです♬

 

久しぶりに、師匠に

桶づくりを教えてもらいながら、

 

思うように動かない、、、

 

そう言いながらも

あの時と変わらない「手さばき」で

 

また、師匠から

いろいろと教えてもらうことができました♬

 

身体も思うように動かないし、

車椅子の生活だし、

年齢も85歳なんですが、、、

 

声もでかくて、

食欲もあって、

いつも元気いっぱいの師匠から

 

本当にいつも「元気」をもらえるんです。

 

師匠の歳からしたら

私は50年近くも若いわけだし、

 

年齢的にも肉体的にも

バリバリなはずなのに、、

 

私が師匠に元気を与えるんじゃなくて、

師匠が私に元気を与えてくれる♬

 

そんな師匠に会うたびに

まだまだ半人前、、

 

いや、

まだまだ私なんぞよちよち歩きの

赤ん坊だと思い知らされるのです♪( ´▽`)

 

何はともあれ、

悩んでた桶づくりのアドバイスもらえたし、

 

何より、

お元気な声が聞けて

 

ホッとしました♬

 

また、ちょくちょく
元気なお声を聞きにいきたいと思います。

 

さて、

師匠から教えてもらった
桶づくりも、今年で4年目のスタート!

 

同じように桶づくりしているようで、

毎年大きく「変化」している
その中身。

今年は、どんな年になるのか
今から楽しみです(^ ^)

 

明日からいよいよ
仕事始め、学校始めという方も

多いですよね!

2019年も元気いっぱい新しい年を
スタートしましょう

今日も素敵な1日を^_−☆

 

 

関連リンク

  • 三六-SABUROKU-

    <3尺6寸> こんな大太鼓セットが欲しかった!!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ