六代目ブログ

伝統発信ブログ

味噌六太鼓

あの頃と今。

こんにちは、六代目彌市です(^^)/

 

昨夜の零~ZERO~ミーティングでの出来事、、、

3月にまもなく迫った零~ZERO~youtube登録者

限定のライブ企画で、いろいろ打ち合わせを重ねてるんですが、、

 

LIVEの中身そのものじゃなくて、

今、ZEROはモノすごく大きな転換期にいるんです。

 

それは、2004年結成、

 

今年で15周年を迎える零~ZERO~。

 

15年前、私は24歳。

メンバーのほとんどが10代20代の若者たちで、

 

自分がやりたいこと、

自分自身だけの為にチームや練習に

ただひらすら真っ直ぐ打ち込むことができていた

 

あの頃、、、、

 

あれから15年たって

当然それだけメンバーも年を重ねただけじゃなく、

 

それぞれの抱える「環境」が

何より大きく変わってきているんです。

 

結婚し、子供ができ、

就職し、責任ができ、、

 

零として目指す、

目指したい!夢はあの頃と何も変わらないのに

 

自分たちの置かれる「環境」だけが変わっていく、、、

 

いや、環境だけじゃなくて

身体的にも肉体的にも変わっていく、、

 

そのはがゆさと、もどかしさに

自分達自身が振り回されてしまっているのが

 

今の零の状況です。

 

「あの頃」と今の現実の違いに

メンバーそれぞれが、もがき苦しんでいるのです。

 

そんな時、

いつも大切にしてきたのが

 

やっぱり顔を見て、膝を突き合わせて

話しをする事。

 

人は「不安」が大きくなればなるほど

自分の気持ちにフタをしようとしちゃうし、

 

「不安」な気持ちを「素直」に

人にさらけ出す事なんてやっぱり中々難しくって

 

15年共に歩んできた

いわば「家族」のような零だって

 

15年たっても意地をはってしまったり

強がってしまったり、

 

気持ちをさらけ出すことが

誰もが怖くて見てみないふりをしてしまう、、、

 

それが、

昔と違って

 

昔は、その人個人と向き合えばよかったのが

 

今は、お互いの事を考えるという事は

その人個人だけじゃなくて、

 

その人の家族だったり、

置かれた環境の含めて考えてあげなきゃ

 

前に進むことができなくなってきていると

ますます昨日の話で実感したんです。

 

自分の為にはじめて、

太鼓が大好きで、

メンバーが大好きで、、、

自分たちの幸せのために努力を重ねてきた

 

そんなみんなにとって特別な零~ZERO~ですら

 

いつしかその「環境」が

苦しみに変わってしまう事ってあるんですね。

 

 

そんな時、

大切なメンバーであり

 

私の小学校時代からの幼馴染で

「無二の親友」であるゆっさんが、

 

こう話してくれたんです。

 

20代と30代と言う

人生のうちで一番華やかな時代を

自分は零~ZERO~として色んなことを経験できて

 

こうやって、時々

ケンカもしたり、悩んだり、苦しんだり

 

それでも

そういう事も含めて人生なんだってことを

僕は零~ZERO~があったからできた。

 

だから、みんに心から感謝してる

ありがとう、、、

 

 

 

たしかに15年たって

それぞれいろんな事が大きく変わったという

現実というのか、「事実」があって、、

 

でも、

その事実を受け止めてあげられなかったら

絶対に前に進むことなんてできないと

 

誰もが理解しているんです。

 

人はなぜ変わるコト、変化してしまうコトを

これほどまでに恐れてしまうのか、、

 

まだまだ人生の学びが浅い

私には分かりませんが、

 

ゆっさんが言ってくれた通り

私も零~ZERO~との15年の学びというのは

 

太鼓が上手になることでも、

ちょっぴり華はかな世界が経験できるように

なることでもなく、、

 

 

零~ZERO~を通して、

「生き方」そのものを学ばせてもらったなと

 

改めて感じています。

 

 

40も間近になって、

なにか「1つ」の事に向かって

 

赤の他人と涙を流しながら

真剣に話を重ねて前に進もうとするエネルギー。

 

零がなかったら

決して感じる事はできなかった場所がここにあります。

 

 

たしかに、あの頃と今

年は重ねてしまったけれども( ;∀;)

 

年は重ね、

肉体や体力は衰えていくけれども、

 

あの頃どれだけ欲しくても

手に入れられなかったモノも

 

今の自分達だから手にできてる事も

あって、、、

 

 

そういう、いちいち

一つ一つの事が学びとして感じられるから

 

この零~ZERO~という場所は

本当に素晴らしい場所なんです。

 

19歳で太鼓屋の道に進んで

24歳で零~ZERO~を立ち上げるまでの5年間。

 

私は、

太鼓も好きじゃなかったし、

太鼓に興味もなかったし、

 

もっと言ってしまえば

 

人も嫌いだったし

人に興味もなかった。

 

そんな私の人生が

180度がらりと変わったこれまでの

一番の転機が零~ZERO~の誕生でした。

 

それでも、

そんな私でも時々辞めたくなります(笑)

 

人間てなんてワガママな

生き物なのでしょうね( ;∀;)

 

そんな時、

メンバーがいて家族がいて仲間がいて

お客さんがいて、、

 

支えてくれる全ての人たちに

心から感謝します。

 

 

昔のようにたくさん時間を作って

大きなライブは難しいかもしれないけど、

 

今の自分達だからこそできる事と

向き合って

 

15年を乗り越え

20年、30年と成長していきたいと思います。

 

これからも

和太鼓零~ZERO~をどうぞよろしくおねがい致します♬

 

 

 

関連リンク

  • 和太鼓- 零-ZERO

    随時出演

    六代目が主催する創作和太鼓集団。 2004年結成。 日本の伝統文化である和太鼓の“活きた音”を伝えたい! 人々の心の奥深くに響く、和太鼓の本当の”音”を届けたいと 現代的にアレンジされた楽曲などを取り入れ、想いを伝える。 ...

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ