六代目ブログ

伝統発信ブログ

あれから20年が経ちました。

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者?

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

いよいよ移転計画実行中です!!

 

 

【あれから20年が経ちました♬】

 

いよいよ10月。

 

消費税が10%に引き上げられ

 

「平成」から「令和」へと

時代が大きく変わったニュースと並んで

 

今年の起きた大きな変化の一つですね。

 

 

思い返せば、

平成元年1989年から消費税が施行され

 

ちょうど30年が経ったと言うことですね。

 

 

そんな時代の大きな「変化」のとき

私たち三浦太鼓店も同じく

 

今、大きな「変化」一歩を

踏み出そうとしています。

 

 

いよいよ本格的に

店舗移転計画が動き始め他のです♬

 

 

今日は、いつになく

上手くまとめられる気がしません、、、

 

私たちにとっての「移転」と言うのは

 

ただ単に、

引っ越しました!

広くなりました!

 

と言うことでは

全くないからです。

 

私が、この家業である

太鼓屋の仕事についたのは

 

今からちょうど

20年前のこと。

 

 

それも、別に

太鼓屋になりたかった訳ではなく、、、

 

次の人生、

 

自分の将来を見つめ直すために

つなぎとしてやろうと言う

 

とても安易な考えで、、、

 

「太鼓屋」の仕事を

少し手伝いながら

 

自分の未来を見つけることが

目的でした。

 

 

当時の三浦太鼓店は、

本当に仕事がなくて、、、

 

今年の1月になくなった

 

大正12年生まれの

ばあちゃんが一人

 

ご先祖様の仏壇と

店を守ってくれていました。

今年の1月に96歳で他界したばあちゃん。

ばあちゃんの事を書いたブログはこちらから>>>

 

 

 

親父は、平日は

サラリーマンをしながら

 

土日の休みでかろうじて

ポツポツとある

 

地元のお祭りの

太鼓の修理をするくらい。

 

だから、

私が入った当時は

 

親父はまだサラリーマンでしたから

 

 

平日は、ばあちゃんと2人で

のんびりと仕事をしてて、、、

 

正直、当時は

「太鼓」も「太鼓屋」も「親父」も

 

どれも好きじゃなかったので( ´∀`)

 

ただ、

言われたことを「する」。

 

ただ

それだけの毎日でした。

 

 

当然、仕事がないと言うことは

給料もありませんでしたので、

 

三浦太鼓店の仕事と同時に

夜はアルバイトを始めました。

 

 

そんな時、

 

ある同業の太鼓屋さんが

 

若い息子さんが

手伝うようになってくれて良かったと、、

 

毎月のように

大きな仕事を三浦太鼓店のために

 

与えてくれるようになったのです。

 

そのお陰で、

相変わらず親父は平日は会社勤めでしたが

 

親父がいない時にも

やれる仕事が少しずつ増えてきて

 

徐々に徐々に

仕事が安定すると同時に

仕事を覚えていけるようになりました。

 

職人にとって、

一番の仕事と言うのは、

 

収入になることももちろん大事なのですが、

 

「技術」とか「経験」は

モノを作ることでしが向上できないので、、

 

仕事があること

仕事を与えてもらえたことは

 

今、振り返ってみたら

本当に本当に大きなことでした。

 

そんな偉大な

太鼓屋さんの社長さんも

 

昨年、お亡くなりになってしまいました。

 

 

 

あれから20年が経ちました。

 

 

あの時、

20年後の三浦太鼓店が

こうなっているなんて

 

親父も私も

一体誰が想像できたでしょうか???

 

 

 

 

でも、

今振り返ってみて言えることは

 

 

最初に

助けてくださった

太鼓屋さんの社長のように、、、

 

 

不思議なことに

三浦太鼓店の周りには

 

いつも、

このタイミングじゃなければ

運命が大きく変わっていた、、、

 

そう

思えるような

 

それはそれは

本当に不思議で、、、

 

とにかく不思議でしかない

 

「出来事」だったり「出会い」と言うのが

いつも起きるのです。

 

 

本当にビックリするぐらい

数え切れないほどの「奇跡」が起きるのです。

 

 

どう考えても不思議でしかなく、

頭の中で整理できないコトばかりなので

 

いつしか

私は、

 

自分たちには何か大きな「役割」を与えて

いただけているのではないだろうか、、

 

そう感じるようになりました。

 

 

人間は、

自分一人でできる事なんて

本当に小さい事ばかりです。

 

 

でも、

それがご先祖様だったり

人との出会いだったり

 

そう言う自分以外の

「ご縁」がつながっていくと

 

とんでもなく

大きなエネルギーが生まれます。

 

 

 

だから、私は

いつもどんな時も「感謝」の心を

忘れません。

 

 

 

 

今年の1月に

ばあちゃんが亡くなって

 

来年でちょうど

この場所に移転してきて50年が経ちます。

 

 

半世紀もの間、

この場所で商売をさせていただけた事は

 

本当にすごい事で、

 

私たちも

良い場所がいくらあったからと言って

 

 

じゃあ

右から左に場所を移転しよう!

 

とは、なりません。

 

 

そこには

大きな「決断」も「勇気」も必要です。

 

 

でも、

おかげさまで

 

今の三浦太鼓店は

 

私一人じゃなく、

これだけたくさんの若き優秀な

メンバーがいてくれるので

 

私の背中を彼らが大きく押してくれるのです。

 

 

 

いつの時代も

時代は必ず「変化」し続けていきます。

 

 

「時間は流れる」が宇宙の定めなのに、

 

 

人間は不思議なモノで

その「変化」を最大に恐れる動物です。

 

 

老いを重ねる事や

変わってしまう環境を恐れるのではなく

 

自ら新しい世界へと

足を踏み出していくような「変化」であれば

 

人生は、いつも

大冒険♬

 

そう思って

これからも頑張りたいと思います♬

 

 

みなさんから

応援し続けていただけるような企業を目指して

 

また新しい世界、新しい時代を

創っていきたいと思いますので

 

 

これからも引き続き

よろしくお願いいたします(^_−)−☆

 

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ