六代目ブログ

伝統発信ブログ

商品情報

たった一人の誰かの為にできること。~人の為が世のために~

こんにちは、六代目彌市です。

実は、このたび!
我々三浦太鼓店が誇る!大太鼓♬

『三六-SABUROKU-』が2007年の発売以来
㊗100台目を迎えることができました~(^^♪

 


・記念すべき100台目は! 今年活動40周年を迎えられた『関孫六太鼓様』♬

 

 

それを知った、孫六太鼓メンバーの子供たちが!

㊗100台目を祈念しての『人文字』を作ってくれました(≧▽≦)

・孫六太鼓子供たちが100の数字を『人文字』で!(^^)!

 

 

今では、
本当にありがたいことに『三六-SABUROKU-』と言えば、

あぁ!

あの三浦太鼓店さんの大太鼓ね!

 

そう、イメージしていただける太鼓になり

 

北は北海道、

南は沖縄

そして、遠くは
アメリカ、デンマーク、ハワイへと

海を越えて愛される太鼓へと育ってくれました。

 

でも、実はこの『三六-SABUROKU-』

そもそも『販売』が目的で作られた太鼓ではなかったんです( ;∀;)

 

それは、

たった一人の誰かの為に作りたい!

 

そう思ったことがキッカケでした。

 

今回は記念すべき100台を祈念して!
そんな『三六-SABUROKU-』誕生の物語り、お話しさせていただければと思います(^^♪

 

【たった一人の誰かの為にできること】
~三六-SABUROKU-誕生の物語り~

 

 

さかのぼること2007年。

私自身が創設した和太鼓チーム『零~ZERO~』の練習をしている時でした。

 

 

・懐かしい当時の練習風景♬

 

結成当時、

私たち零~ZERO~の『演目』というのは、

 

今みたいに、『オリジナル曲』が
存在してなかったので

 

主な演目といえば

・三宅
・屋台囃子

 

 

太鼓をご存知の方なら分かると思いますが、

 

この『三宅』や『屋台囃子』で使う太鼓というは、

1尺5寸から2尺くらいまでの『くり抜き長胴太鼓』で

三六-SABUROKU-のような大太鼓は必要ありませんでした。

 

そんなある時、

当時、我々を指導してくださっていた指導者の先生が

零~ZERO~のために『オリジナル楽曲』を作ってきてくれたんです♬

 

 

その楽曲というのが

いわゆる創作系と言われる『和太鼓アンサンブル』の曲で、

 

これまでとは、また違った『演奏技術』に加え

『新しい太鼓』が必要になったんです。

 

ありがたいことに、

そこは『太鼓職人』という最大の特権を活かし!

 

ない!のであれば作ってしまおう(≧▽≦)

 

と、いう事で他の誰でもなく、

『自分自身のために作った太鼓!』

 

それが、三六-SABUROKU-誕生の理由だったのです。

 

・他のだれでもない、自分自身のために作った太鼓♬

 

 

当時、『大太鼓』と言えば

当然『くり抜きの太鼓』が主流でだったのですが、

 

いくら『良い太鼓』であっても

やはり日常から使いやすくて、演奏活動が広がるモノでなければ意味がない!

 

そう思い、

当時の指導者の先生のアドバイスもあり

 

・毎週のように練習会場へ運搬すること

・メンバーに女性が多かったこと

 

などを考慮して、

 

軽くて、持ち運びがしやすく

運搬保管にも便利な『桶胴』を採用したんです。

 

・大太鼓!なのに女性二人でも運べる軽さ!

 

 

さらに、『太鼓本体』に加えて必要不可欠な『台』も

太鼓が鎮座したときの『カタチ』にこだわりました♬


・太鼓が鎮座したときの『存在感』を大切にしたい♬

 

 

また、それだけでなく

太鼓本体と同様に台も当然「運搬保管」が必要になるので

組み立て分解式で持ち運びしやすく設計したのです♬


・組み立て式の台

 


・その台を持ち運ぶためのケース♬

 

 

そんなこんなで、

我々チームの演奏活動の中で

この『三六-SABUROKU-』を使っていると、、

 

三浦さんが使ってみえる、その太鼓!

いいですね!!!

 

私たちのチームにも作ってもらえないでしょうか???

そう言ってもらえる人が出てきたんです(^^♪

 

これが、三六-SABUROKU-誕生の物語りです。

 

 

たった一人の誰かの為にできること。

それは、時に

・他人かもしれないし

・自分自身かもしれないし

・大切なだれかの為かもしれない。

 

 

『世のため、人の為』という言葉がありますが、

私は自身の経験から、

 

『人の為』に今日できることを積み重ねていくことで

それが、結果『世のため』になり広がっていくんだと感じています。

 

奇しくも、昨日のサッカーワールドカップ

日本代表の逆転ゴールを決めた浅野選手がこんな事お話しされてました。

————————/

4年前の代表選考では

私は、メンバーにはなれなかった。

 

あの日から、

1日たりとも無駄にすることなく

今日のために最善の準備をしてきた結果が今日のゴールにつながったんです。

—————–/

 

と、、、

 

浅野選手が、他の誰でもなく
『自分自身のため』に費やした大切な時間があったからこそ、

 

日本中に多くの『感動の輪』として

広がっていったんでね♪

 

さて、今日も

・大切な命の時間を

・大切な誰かのために

 

 

今日も素敵な一日を(^_-)-☆

関連リンク

  • 和太鼓- 零-ZERO

    随時出演

    六代目が主催する創作和太鼓集団。 2004年結成。 日本の伝統文化である和太鼓の“活きた音”を伝えたい! 人々の心の奥深くに響く、和太鼓の本当の”音”を届けたいと 現代的にアレンジされた楽曲などを取り入れ、想いを伝える。 ...

    詳しく見る 詳しく見る

  • 三六-SABUROKU-

    <3尺6寸> こんな大太鼓セットが欲しかった!!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-64-6785

トップ