六代目ブログ

伝統発信ブログ

ちょっぴり神話なお話しです♫

こんにちは、六代目彌市です(^^♪

コロナで失ったコトは
我々もたくさんあるけれど、

一方で、

コロナによって得たモノも
たくさんあるのです。

特に、『家族との時間』は

これまで、
後回しにし続けてきた私にとっては
最大のプレゼントだったのかもしれません(^^♪

毎晩のように

子どもたちとカードゲーム『大富豪』に
ハマってます( ;∀;)

 


大富豪専用のトランプあるんですよ! おススメです!

 

【璨-SAN-のロゴができました!♫】

 

さて、

神代杉桶太鼓、その名も『璨-SAN-』の

オリジナルロゴが完成しました♬

 

 

早速、試作第一号の胴に貼ってみましたが

神々しい璨-SAN-にピッタリのイメージ♬

 

 

そしてそして、

今回のこの璨-SAN-のロゴの元となった書は

 

和太鼓暁の代表であり

書道家という才能をダブルに持ち合わせる

鷹TAKAさんに書いていただいたのです!

 

 

 

究極の太鼓『璨-SAN-』にふさわしい

これまた神々しい書を書いていただき感謝いたします♬

 

鷹-TAKA-オフィシャルサイトはこちらから>>>

 

 

 

少しずつではありますが、

こうやって世の中にカタチになっていくと

 

何だか不思議な気持ちですね~♬

 

 

この神代杉に出会って、

璨-SAN-という名前が決まって

 

あらためて思っているのが

 

これって、あの有名な神話

現代の『祭り』の起源とも言われている

『天岩戸』の神話そのものだよなぁ~って感じてます♬

 

 

この神話をご存知ない方のために

カンタンにお伝えしますね(^^♪

 

———————————-/

神話『天岩戸』

 

神代の昔、高天原という世界がありました。

 

そこには、

太陽の神『天照大御神(あまてらすおおみかみ)』と

弟の『須佐之男命(すさのをのみこと)』

その他多くの神々が暮らしていました。

 

須佐之男命は大変な暴れん坊で

日々、悪さやいたずらばかりを繰り返しておりました。

 

あまりにも、

その悪さがなおらないので

 

それにお怒りになった天照大御神

とうとう、天岩戸(あまのいわと)と呼ばれる洞窟に

お隠れになってしまいました。

 

 

太陽の神である天照大御神がお隠れになるということは、

世の中から光が失われ真っ暗闇に、、、

 

光を失った世界では、

食べ物が育たなくなったり、病気になったり

 

次々と大変なことが起こり始めます。

 

これに困った八百万(やおろず)の神々は

岩戸の前に集結し

 

なんとか天照大御神に出てきてもらおうと

試行錯誤します。

 

何をやっても

一度お怒りになってしまった天照大御神

洞窟からでてこようとはしません。

 

その時、八百万の神の一人で

芸能の神と言われる『天鈿女命 (あめのうずめ)』が

 

桶の上に立って踏み鳴らし、舞い踊り

八百万の神々たちと共に、おもしろ楽しく大騒ぎをはじめるのです。

→※この時の様子から生まれた言葉が『面白い』『楽しい』の語源と言われている。

 

私がこれだけ怒っているのに

いったい外でなぜ?みなは楽しそうにしているのだ?

 

不思議に思った天照大御神

外の様子が気になり、とうとう岩戸から出てこられ

 

ふたたび世界に『光』が取り戻されました。

 

——————————/

 

とてもカンタンに

私なりに解釈してしまっている箇所もあるので

 

きちんと知りたい方は

ご自身でお調べになってくださいね♬

 

この神話は

今の『祭り』の起源とも言われています。

 

そもそも、祭り(祀り)とは

何か困ったこと、世の中が不に陥った状況があったから

 

そのことを打開すべく

はじまったのです。

 

現代社会はこれとは真逆の考え方で

世の中にコロナという困った事が起きたから

 

すべて「やめる」という選択一つしかありません。

 

これで世界は再び光が取り戻せるでしょうか?

 

 

・岩戸開きの神話が現代社会に伝えるモノ

 

現代社会、

まさしくこのコロナ禍という世の中は

 

どこか『光』が閉ざされてしまったような

世界に感じます。

 

日々、それこそ

世界中の方々がありとあらゆることを試して

 

少しでもこの状況が

良くなる方法を模索されていると思います。

 

でも、

これってもしかしたらコロナ禍に限ったことじゃ

ないのかもしれません。

 

・自分自身の心の扉を閉ざしてしまうこと

・自分自身を責めすぎてしまうこと

 

 

世界から光が戻ることを期待する前に

自分自身の中にある「光」をもう一度見直してみる。

 

 

私も、そう反省しておりますm(__)m

 

 

困ったときこそ!

八百万の神々がそうしたように!

 

楽しく、笑って

おもしろおかしく喜んで!

 

桶でも打ち鳴らして(^^♪

自分の中の光を取り戻せば!

 

おのずと世の中も輝きだす!

 

そんな風に思えるのです。

 

2500年、神代の昔より

現れた神代杉。

 

究極の光の大切さ(璨-SAN-)を

今の時代に生きる人たちに伝えるために

現れた、、、

 

勝手にそう思ってます(^^♪

 

 

 

今日も楽しく笑顔でね(^^♪

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

 

関連リンク

  • 担ぎ桶太鼓・桶胴太鼓

    <1尺6寸・1尺5寸・1尺4寸> 個性豊かな担ぎ桶太鼓!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-64-6785

トップ