六代目ブログ

修理・張替

伝統発信ブログ

太鼓に寿命ってあるの??

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

皮は消耗品、胴は一生モノ♬太鼓に寿命ってあるの??

 

✳︎みなさん、太鼓の寿命って
どのくらいだと思いますか?

 

 

 

 

これはつい先日、

当店に修理で入ってきた

古い太鼓↓↓

 

皮をはずして、
中をのぞくと

そこには慶應三年の文字が↓↓

 

 

慶應三年というのは、

1867年。

 

今から、152年前に

名古屋の「平野小市郎」さんと言う方が

作られたと記されてます。

 

この平野さんという方は

江戸時代に活躍された太鼓職人で

 

非常に腕がいいんですね。

 

今の名古屋城の西側にあったようですが

残念ながら、

 

この平野氏の太鼓は

受け継がれておらず、、、

 

今はこの太鼓屋さんはありません。

 

そんな平野さん作の太鼓、

 

なんと!

150年で今回が初めての皮の張り替えだったんです↓↓

 

 

なんで最初の張り替えかって

分かるかと言うと、

 

まずは、胴内の記録↓

 

それから、

鋲の打った痕跡なのです↓↓

 

 

皮を外してみた後の、

鋲の穴が、

 

まだ最初に作られたときの穴しか

空いてなかったんです!

 

 
という事は、

150年で初めての張り替えです( ;∀;)

 

長持ちしますね~!!

これじゃ太鼓屋は商売になりません(笑)

 

太鼓の寿命って本当に長いんですが、

こう考えてもらうと分かりやすいです↓↓

 

 

「皮」は消耗品、「胴」は一生モノ♬

太鼓の素材というのは、

大きく分けると「皮」「胴」

 

 

皮は、

使用頻度や叩く強さによって

持つ長さは変わりますが

 

それでもいつか必ず寿命がやってきます。

 

でも、

「胴」というのは優れもので、

大切に扱えば100年どころか

200年、300年、、

 

今まで当店で修理した

最古の胴は、

 

なんと!!!!

 

500年前のものでした♪( ´▽`)

 

 

この太鼓は

約50年に一度のペースで

過去に10回の修理の記録と痕跡が残されてました。

 

 

➡︎「皮」は消耗品。

皮は消耗品ですから

毎日使えば当然、寿命は早く、

 

1年に1回しか使わなければ

先ほどの太鼓のように、

150年持つこともあります!

 

 

一方で、

➡︎胴は一生モノ。胴は一生モノ!

大切に使えば、

見た目は古くボロボロ見えて、

多少カタチがゆがんでいても、

大丈夫!!

 

 


 
 

 
 と、いうことで
太鼓は大切にメンテナンスして

使えば、

 

一生モノどころか

末代まで、

 

受け継がれていくってことですね!

 

そして、

そうやって受け継がれるモノには

必ず受け継がれる「理由」が存在しています。

 

その「理由」を見つけることこそ

私達の役目。

 

大切にされるモノや、

長きにわたって受け継がれてきた

 

コトやモノには、

必ず「理由」が存在するんです。

 

それが、

今の時代に生きる私たちにとって

 

何を大切にしなければならないのか?

 

という、

ヒントを与えてくれています♬

 

「温故知新」ってやつですね(^^♪

 

今日は太鼓の「寿命」のお話しでした(^^♪

 

今日も

ステキな一日を(^_-)-☆

関連リンク

  • 長胴太鼓・宮太鼓

    一つ一つこだわりの“音づくり”

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ