六代目ブログ

修理・張替

伝統発信ブログ

推定1億円!?巨大太鼓がやってきた♫

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

【推定1億円!?の太鼓がやってきた♫】

 

さて、今年の春先に

 

遠く、三重県は尾鷲市にある

尾鷲神社さまより、

 

はるばるご縁をいただき

それはそれは!

 

大きな♪

 

大きなと言うよりも

巨大な( ;∀;)

 

大太鼓の張り替え修理を

ご依頼いただきました♪

 

三重県は尾鷲神社さんよりご縁をいただき、当店にやってきた大太鼓♪

 

 

写真ではなかなか

伝わりきらないですが( ;∀;)

 

どのくらいデカイかと言いますと♪

 

 

胴の中には、

人間が立ってすっぽりと

入れちゃうくらいデカいのです( ;∀;)

胴の中にすっぽり入れちゃう大きさ⤴

 

 

当店でも、

これまで大きな太鼓のお仕事は

させてもらってきましたが、

 

くり抜きの太鼓で

ここまで大きなサイズは初めてです!!

 

 

この太鼓は5尺(打面1メートル50㎝)の

 

「ケヤキ」と言う

太鼓の胴の素材としては最高級素材を使っており

 

現代の価値で推定すると

 

およそ1億円??( ;∀;)

 

我々でも

価値の推定が難しいほど

 

それはそれは

貴重な貴重な太鼓なのです♪

 

運び出しは、地域氏子のみなさんにもご協力いただいて⤴

 

 

そんなこんなで無事に

トラックに積み込みまして、

 

 

無事に岡崎に到着!!

 

 

あらためて、

秘密基地に運んでみると

 

そのデカさが際立ちます( ;∀;)

秘密基地の入り口もギリギリ入った( ;∀;)⤴

 

 

こうして、

無事に岡崎へとやってきて

 

いよいよ

ここから張り替え修理の段取りをしていきます♪

 

 

一番、大変だったのが

皮!!⤵⤵

 

 

 

これだけの大きさになると、

 

この太鼓の大きさにあった

「厚み」だったり、

「傷」のない皮を選ぶって

 

本当に大変でして、、

 

トータルで言うと

20~30枚の原皮の中から

 

ようやく選び抜いた「2枚」の皮を

選定することができたのです♪

 

 


まぁすべてが規格外でして、

 

「かん座」と呼ばれる持ち手の

サイズも重量も規格外( ;∀;)

 

 

 

そんなこんなで

無事に、張り替え用の皮を

 

型取ることができたのです♪

 

 

皮は、

踏んでは伸ばし、

踏んでは伸ばしと

 

作業すすめて行くんですが、

 

これもこのサイズになれば

四人がかりでしっかりと体重を乗せて伸ばしていきます⤵

 

 

 

こうして、

 

少しずつ、

少しずつ新しい「音」が誕生していきます♪

 

 

この大太鼓の響きは、

歴史と文化がつないだ

 

それはそれは深~い響きなのです⤵

 

 

 

さすがにこれだけのサイズは

 

五代目おやじも過去に経験がないとのこと、、、

 

はじめこそ、

特にどうやって持ってくるか!?

 

という運搬に対して

不安な表情を見せてましたが

 

 

それでも、ひとたび

作業に入ってしまえば

 

いつも通りちゃんとした

仕事で応える親父はやっぱりすごい♫

 

 

 

今回も、

たくさんの方々にご協力をいただきながら

 

 

無事に張り替え完了し

 

この年末に

尾鷲神社さんへと

 

お返しする運びとなりました♪

 

 

 

 

いつも思うのです。

 

今の時代、

何でもモノに溢れていて

 

何不自由のない世の中でいて

 

壊れたら「買い換える」とか、

壊れたら「捨ててしまう」モノが

 

ほとんどです。

 

 

そんな時代にあっても

太鼓って何年も何十年も

 

長くなれば「何百年」も、、、

 

こうやって

人の手から人の手へと脈々と

 

「大切」に受け継がれていくじゃないですか。

 

 

 

そんな時、

わたしは

 

どうして太鼓は捨てられることなく

 

大切に受け継がれるんだろう??って

いつも考えます。

 

 

もちろん、高価であるとか

希少価値があるとか

 

そういう事も

ありますが、

 

今回の特別巨大な太鼓でなくても

 

地元のお寺さんや

神社にあるような小さな小さな太鼓だって

 

同じように大切に

受け継がれている太鼓はたくさんあるのです♪

 

 

受け継がれるモノ

受け継がれてきたモノを「伝統」と呼ぶのであれば

 

 

大切に受け継がれてきたモノを

またこうして後世につなげさせていただける「意味」を

 

 

自分たちでしっかりと考えて

これからもお仕事に励んで行きたいと思います。

 

 

 

今日もステキな一日を(^_-)-☆

 

 

 

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ