六代目ブログ

伝統発信ブログ

商品情報

究極の担ぎ桶太鼓、その名も「璨」サン♬

こんにちは!

太鼓職人であり演奏者♬

 

慶応元年(1865年)創業、三浦太鼓店の

六代目彌市です!

 

「伝統」を守り

「伝統」を創るを理念に、

 

新たな時代に求められる「音作り」を

日々探求しています!

 

【究極の担ぎ桶太鼓、その名も「璨」サン♬】

 

さて、

私には目指したい、

 

なんとしても生み出したい!

究極の「桶太鼓」があります!

 

 

それは、今はなき

秋田伝統工芸士である

 

五十嵐さんが目指した

究極の「桶太鼓」なのです。

 

 

 

五十嵐さんには、

 

その「職人人生」をかけ

最後に作りたかった太鼓がある事を

 

五十嵐さんの

奥さんが私に教えてくれました。

 

 

三浦さん、

お父さんは病気が悪化して

 

入院して

身体が思うように動かなくなっても

 

最後の最後まで

「職人」として生き続けた人でした。

 

そんなお父さんが

職人人生をかけて

 

最後に作りたかった夢の太鼓があるんです。

 

 

三浦さんわたしは、

そのお父さんが人生をかけて

 

挑戦したかった究極の太鼓に

「璨」サン

と名付けました♬

 

 

「璨」サンというのは

玉の光輝くさまを表現した言葉で

「美しさのきわみ」をあらわした言葉です。

 

 

三浦さん、

 

どうかお父さんが

最後の最後まで夢に

思い描いたこの太鼓を

 

私は三浦さんに

いつか作ってもらいたいのです、、、

 

 

と、、、

 

そんなお話を

もらったのが

 

私が桶作りをはじめて

とうとう秋田杉の「原木」の仕入れに

チャレンジすることになった

 

昨年のことでした。

 

奥さんに協力していただき、はじめて秋田杉の原木を買い付けに♬⤴

 

 

究極の太鼓「璨」♫

私に究極の太鼓が作れるのだろうか???

 

でも、

「想い」を受け継がせて

いただいた以上、同じ職人として

 

絶対に成し遂げてみたい、、、

 

 

こうしていつしか、

五十嵐さんの思い描いた

究極の桶太鼓への「夢」が

 

私の「夢」へと変わっていったのです。

 

 

そして、

私の新たな挑戦はここに始まったのです。

 

私は「璨」に

3つの条件をつけることにしました。

 

1つ目は、

自分の目で見て感じた原木でつくる事♬

 

 

五十嵐さんの桶作りは

自分のその目で確かめた「原木」を

仕入れるところから始まっていました。

 

すべての「責任」を

人のせいにしない、、

 

モノづくりに対する

まっすぐな姿勢こそが、

とにかく「職人」としてかっこいいと思った。

 

おかげさまで

今は「秋田杉」と「吉野杉」と

 

産地、特性の違う「原木」を

それぞれ現地に足を運び仕入れています。

 

 

2つ目は、

本物であること。

 

五十嵐さんが作ってくれた

「桶」はいつも本物でした。

 

五十嵐さん亡き後に

わたし、奥さんに聞いたことがあるんです。

 

五十嵐さん「本物」って

なんなのでしょうね??

 

 

いつも、五十嵐さんが

作ってくださる「桶」を見るたび

 

その美しさ、

その音に感動するばかり、、、

 

これこそ「本物」だと

感じていました♬

 

どうしたらこんな桶が作れるんだろう??

「本物」って一体なんだろう??

 

 

そんなわたしの疑問に

奥さんはこう答えてくれたんです♬

 

 

「本物」とは、

人の心に届くこと。

そこに言葉など何もいらない、、、

 

まさに、

わたしがいつも五十嵐さんの

桶から感じていることでした。

 

決して、「言葉」で

伝えてくれるわけじゃないのに

 

そのモノから溢れる

「エネルギー」♬

 

わたしが目指す

「桶」もいつかそうなりたい、、、

 

 

 

そして、

最後3つ目は

 

これは、

私じゃなくて

 

五十嵐さんが目指した「想い」です。

 

無垢の秋田杉の木目に

天然塗料でしっとりとした

 

美しい表情があらわれる。

 

ひと塗りするだけで

しっとり美しくそれはまるで

「秋田美人」の肌のような艶やかさ、、、

 

 

なるほど、、

 

 

天然塗料といえば!

味噌六仕上げの油でもお世話になっている

 

地元岡崎の太田油脂さん提供

純正「荏胡麻油」♬があるじゃないですか!!

 

まるで本当に秋田美人のように

しっとり艶やかに仕上がっていきます!

 

 

 

こうして、

とうとう原木から仕入れた

秋田杉での第1号桶が完成しました!!

 

 

これが、

究極の桶太鼓「璨」だ!

 

と、

今はもちろんまだ言えません。

 

でも、

 

桶を作るようになって

早くも3年、、、

 

うまくいかないこと

ばかりだった当初を比べたら、、

 

少しずつ少しずつ

 

自分の思いがカタチに

できるようになってきました。

 

いつか、必ず

究極の桶太鼓「璨」サンは

 

世の中に出します。

 

完成した1号機は

秋田へ送りたいと思ってます♬

 

いつも本物の桶作りを

間近で見てこられた五十嵐さんの

目にどう映るかドキドキですが♪( ´▽`)

 

 

さて、

これでようやくスタートラインかな、、、

 

自分で目で見て

感じた原木から作れるって

 

なんでこんなにワクワクするんでしょうか♪( ´▽`)

 

今日も究極の桶太鼓

「璨」に一歩でも近づけるように

 

頑張ります♬

関連リンク

  • 味噌六太鼓

    春から夏にかけて

    地元岡崎の「八丁味噌」の仕込み桶として150年以上使われた古い桶を再利用して、 六尺六寸(直径約2メートル)の大太鼓作り、岡崎の新たな祭り文化を生み出す一大プロジェクト! こんにちは、六代目彌市です。 仕事柄、全国各地の多くの祭り...

    詳しく見る 詳しく見る

  • 担ぎ桶太鼓・桶胴太鼓

    <1尺6寸・1尺5寸・1尺4寸> 個性豊かな担ぎ桶太鼓!

    詳しく見る 詳しく見る

この記事を書いた人

  • 三浦 和也(六代目彌市)

    三浦 和也(六代目彌市)

    (昭和55年1月25日岡崎生まれ。AB型。和太鼓零〜ZERO〜代表)
    和太鼓と嫁に年中夢中!
    実は、長男ではなく次男坊。幼い頃は太鼓も親父も嫌いだった私が太鼓に目覚めたのは24歳の時。
    敷かれたレールが目の前になかったからこそ、今描ける野望は和太鼓を通して、世界を救うこと!4人の息子たちもみんな太鼓打ち!受け継いだ大切な「伝統」を後世へとつないでいきたいと思っています。

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ