スタッフブログ

和太鼓 -零-

音の気づき

こんにちは、かねごんです!!!

 

 

ブログを全く更新できず

「かねごんって生きてるの?」

と思っている方もみえると思います。

かねごん生きてます!元気です!

 

 

今回、何を書こうかなー?と悩みましたが

最近自分で感じるようになった

 

「音」

について書きたいと思います。

4ヶ月分書かなかった分

少し長くなるかもしれません(笑)

 

 

僕は三浦太鼓店で職人になりもう少しで2年

が経ち、和太鼓零で演奏するようになり

自分の中での

 

「音の感じ方」に変化が出てきました。

 

高校時代は

「大きい音を出す」

 

「振りをかっこよく大きくみせる」

 

「みんなで振りを合わせる」

 

などを意識して

 

ただただ我武者羅にリズムを思い切り

打ち込むだけでした。

それが悪いという訳ではありません。

 

高校生には高校生にしかない

団結力

フレッシュさ

我武者羅さ

勢い

 

色々あると思います。

それだけでも充分

観た人の心を動かす力がありました。

 

高校時代の僕と今の僕の1番の違いは

 

 

「和太鼓がどんな楽器かを知ったこと」です。

 

三浦太鼓店で職人になり

太鼓がどうやってできるかだけではなく

本当に色んな事を学びました。

 

そして零に入って

「大きい音を出す」ではなく

 

「活きた音を出す」

「太鼓と1つになる」など

目には見えない世界を感じる事で

太鼓への向かい方、考え方が変わりました。

 

そして先日、母校の岐阜総合学園OBとして

岐阜で演奏する機会をいただきました。

 

そのイベントは現役の岐阜総合の生徒も

参加するイベントだったので

久々に母校の後輩の演奏を観ることができました。

やっぱり高校生は凄かったです。

あの大勢での一体感、迫力は

今の僕達には出せないなと感じました。

 

母校の岐阜総合学園太鼓部はどんどん

レベルアップしていました。

 

僕が太鼓を始めたきっかけとなった

岐阜総合学園にこれからは

恩返しとして

僕が学んだこと

僕が感じた「音の気づき」

を伝えて

少しでも母校の後輩のみなさんの

力になれたらいいなと思います^_^

 

最後に

僕が現役の時に零とコラボした時の写真です!

 

またいつかコラボします!!

この記事を書いた人

  • 金浜 慶太(カネゴン)

    金浜 慶太(カネゴン)

    (1999年1月31日岐阜生まれ。ザB型。和太鼓零〜ZERO〜)
    岐阜から来たアイドル好きマイペース少年!!
    締め太鼓や桶太鼓の皮を作っています!自分の作った太鼓を好きなアイドルに叩いてもらうのが夢。地元岐阜でも岡崎のように太鼓がさかんな町にしたい!

    詳しく見る 詳しく見る

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせご質問は、商品に関する事・価格に関する事
どんな事でも結構です。お気軽にお問い合わせください!
下記フォームにて24時間いつでもお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせは、営業時間内で承ります。


お知らせ一覧へ

または

0564-21-2271

トップ